都会のネズミと田舎のネズミ

読書ネタ、プロ野球ネタ、お笑いネタ、時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。ハズレよりもアタリを読んでください。

価値観ということ

4月17日のブログに書いた“30分アグリ”は、その後、地味に続けておりましたが、梅雨明けでついに野菜の実が生りました。
収穫は、オクラが5本、ナスが1本、キュウリが6本、ピーマンが1個。
トマトは未だに青いまま、5個がぶらさがっています。

う~ん。

苗が1,200円、肥料が1,000円、鍬が2,500円、支柱が800円。それに、毎日の水遣りと草取りですからね。
買ったほうがいいです、野菜。
というか、農家は一体どうやって儲けているのやら。

ちなみに地主のSさんは、たわわに生ったトマトの大半をカラスにやられたと笑っておりました。
農業には、根気と観察力と我慢強さと寛大な心、それに真面目な努力と深い愛情が必要なのであります。
修行だね、こりゃ。