都会のネズミと田舎のネズミ

読書ネタ、プロ野球ネタ、お笑いネタ、時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。ハズレよりもアタリを読んでください。

あぶり

いくら新鮮でも、刺身で提供するのは難しいサカナがあります。
極端に身が軟らかかったり、生臭かったり、すぐに鮮度が落ちたり…それに寄生虫の問題もあるのです。
通常、刺身では滅多に見られないサカナには、そういった事情が隠されています。

これを解決するのが“炙り”です。
サカナの表面を焼いて、旨味をギュッと閉じ込める。
最近、ホームセンターでキャンプ用のバーナーを買い求め、カツオ・サワラ・ノドグロなどに使用しています。
その場合は、ポン酢を用意するんですけど、食感や味付けの幅が拡がって、食事をより楽しめるようになりました。
そうそう、次はスズキもやってみましょう。スズキアブリって言いますから…

このバーナー作業、溶接工になった気分でテンションが上がります。
皮目がキュルキュルっと縮む瞬間が快感なんだなぁ。
今日も、面白いを見つけて、ほくそ笑んでおります。