都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

チビ論

日曜夕方のヒットアメニといえば、『サザエさん』の前座を務める『ちびまる子ちゃん』です。

この国に勢いがあった昭和40年代を舞台に、平均的中流家庭で伸び伸び育った作者が、少女時代を思い出しながら描いたエッセイ風の漫画。

子供になったり、大人になったりしながら、善悪を行き来する新宿二丁目みたいな主人公は独特でした。

何よりセンセーショナルなのは、タイトルに「ちび」と入れたことだと思います。

『おそ松くん』のチビ太以来でしょうか?意外に、イヤがられる呼び方かもしれません。犬っぽいしね。

 

みんなが選ぶ5大蔑称というのがあります(ないけど)。

ハゲ・デブ・ブス・バカ・チビだというのは、皆さんご存知のとおり(知らないかもしれないけど)。

子供でもわかるように短いフレーズにまとめ、カタカナに「言っちゃっていいのかな」と少しのためらいの意味を込めています。

悪意を全開させるのは、語間を伸ばすこと。3文字に変化させることで、ダメージが倍加するのです。

 

これに順位をつけるなら、5番目でしょうね。チビは。将来性もあるわけだし、それほど他人に迷惑なわけでもない。

だけど、本人はそう考えていません。整列したときに、一人だけ違うポーズをとる屈辱は、心のキズとして残ります。

そして、教室でも必ず前列へ。

先生のそばにいることで、対立関係は生まれず、むしろ媚びるようになる。

お笑い芸人に小男が多いのは、そんな生い立ちが影響しているような気がします(思いつきだけど)。