都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

アベノマスク

小学生の運動会は、赤組と白組に分かれますが、どちらでも使えるようにと、帽子はリバーシブルになっていました。

誰が決めたのか知りませんが、サイズは一律で、1年から6年まで同じ。頭の大きさは、そんなに変わらないってことでしょうか?

私は、これをちゃんと被ることができず、何となく乗せた布を紐で結ぶ。風呂敷の反対みたいな感じをイメージしてください。

このころ、すでに60センチだったと思います。頭でっかちな私。

 

その印象が強いせいか、顔の大きさに触れてくるクラスメートはいませんでした。

本当は、セットなんですけどね。

頭が大きい⇄顔が大きい⇄座高が高い⇄足が短い

言われなかったので、中学入学までは、無自覚でした、スケールオブフェイス。

だけど、集合写真で次第に明らかになります。一人遠近法。

頭が大きいのをイジられても気になりませんが、顔がデカいってのはイヤなもんですよ、ホント。

観月ありさとか菜々緒なんて、別の生き物ですね、私たち(?)にとって。

 

で、ようやく送られてきましたアベノマスク。開けてビックリのサイズ感。誰が決めたんでしょうね、小さい顔、頭悪そう。

これの着用が世の中のルールならば、淫靡です、はみ出しまくり。

ジャケットを買いに行って、店員が薄ら笑いを浮かべながら「お似合いですよ」って言っている光景が目に浮かびました。裸のアベ様。

個人的には、柔道の篠原信一さんをモデルに作って欲しかったです。彼のとこには、届いたかなぁ?