都会のネズミと田舎のネズミ

読書ネタ、プロ野球ネタ、お笑いネタ、時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。ハズレよりもアタリを読んでください。

オリビアを聴きながら

地元周南市では、月初に市議選があり、コロナ禍の中、遠慮がちに選挙カーが回っておりました。

選挙といえば、演説と握手とが付き物ですが、そういうやり方も変わっていくんでしょうね。

知り合いに、ウグイス嬢のプロがおりまして、選挙と野球が近づいて来ると、ハードスケジュールをこなすようになります。

声も大事だけど、顔も良い方がいいらしく、この人じゃなきゃダメってのもあるようです。

だからと言って、余計にもらっているような話は聞きません。1日1万5千円は悪くない。くたびれるけど。

 

で、河井案里という人が、3万円支払ったという話、違和感がありました。

そこまでしなければ、人が集まらないというのは考えにくい。

人件費の3万円は、ピンハネの場合です。日給3万は、ちょっとエッチなことしないと、もらえません。

で、やっぱり、ピンハネでした。本人へは、やっぱり1万5千円。

実際は、世話役の人に、票の取りまとめをお願いする、その際の斡旋のためのお金。なるほど、そうやって捻出するのですね。

 

一億五千万円ももらっちゃうと、使えないもんです。家でも買わなけりゃ。

だから、無茶な使い方を。そのうち、使うのが目的になったのではないでしょうか?そんな気がします。

それと、一億五千万円支払った方は、何を思うのでしょう?

自分のお金だったら、イヤだなぁ。