都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

マーケティングリサーチ

サラリーマンが4人集まって、昼食に行こうとしたとき、カレー店に入ろうとすると、かなりの確率で「うち、昨日の夜、カレーだった」と反対する声が上がります。邪魔が入る。

日本カレー工業組合のデータによれば、日本人は年間に平均で79回食べると言われてますから、さにあらん。ラーメンと並ぶ二大国民食と言われる所以です。

ところが、ラーメンのチェーン店は、いろいろあるのに、カレーで全国展開しているのは『CoCo壱』しかありません。

国内のスパイス業界を『エスビー』と『ハウス』の二社が牛耳っていて、素材の原料を安定的に入手できないからだというから厄介です。

CoCo壱』には、『ハウス』の資本が入っているらしい。なるほど。

もう一つは、カレーが昼間の食べ物で、夜の集客が難しいこと。お酒との相性の悪さが理由です。

そのために、原価率を低く抑えねばならず、利益を上げにくい。

さらに言えば、誰でも家で作れるということ。79回のうちのかなりは、家で食べています。そこがラーメンと違う。

 

CoCo壱』では、顧客からのアンケートを家で書けるように、料金後納の方式を採っているといいます。

その方が、しっかり書けるから。

ただし、そのための経費として、月に300万円を投資しているそうです。

これについて、経営者は「クレーム収集は、投資するものだ」と言い切ります。

そうかそうか。業務改善は、お客様の声から発想するもの。そういうことについて、気づいている会社は強いのであります。