都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

メタ認知

下関の豊田町で飲食店をやっていたとき、愛車はクライスラー社のPTクルーザー。プレートは横浜ナンバーでした。

今では製造しておらず、むしろクラシックカーですが、その昔、週刊宝石という雑誌がありまして、中年男が乗ってカッコイイ車ベスト5の特集で、岩城滉一が乗っているというただそれだけの理由で購入した、そんなクルマです。

本人は、ちょっとした優越感。

だけど、振り返ってみると、いいことはなかったように思います。

車種はともかくも、横浜ナンバーがマズい。わざわざ、アウェイであることの宣言は、選挙の立候補だったら、バカ丸出しですね。いや、飲食店も似たようなもの。加えての見慣れない外車は、儲かってるみたいでもあり、何となく不愉快な気がします。

他人のことだったら、わかるんだけど、自分のことはよく見えません。独身者は、鏡を見ずに生活しているようなところがあるのです。

 

夏の暑さがピークを迎え、山中湖にも大勢の人がやって来ています。

別荘地は、5〜6割ってところでしょうか。私の周囲は歴史が古いので、結構、多くの物件が廃屋になっています。もったいない話だけれど、別荘というのは維持することが大変なので、年に一度程度の利用ならば、他のところで豪遊できるってことです。

 

車のナンバーは、大半が品川と世田谷で、足立ってのは、ほとんど見かけません。

小池都知事の言いつけを守っていないって思われるの、イヤでしょうね、きっと。

で、自分のは山口ナンバー。もしかしたら、山梨県内で私だけかも。

これじゃ、ひき逃げなんかできるわけない。当たり前だけど!?