都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

タメ口

英語には、敬語表現が少ないので、普通に話していると乱暴に聞こえることがあります。

ハーフタレントが、意識せずにボソッと喋るとそれがタメ口で周囲はドキドキしますが、まぁしょうがないと許される、そんなもんです。

フワちゃんの場合、帰国子女であったことが影響するものの、それは小学生時代の話。今のスタイルは、性格の問題なんでしょう。

これを貫こうとすると、相手が大御所だったり権威的存在だったりしたとき、ビビります。シフトチェンジしますか?
いや、『徹子の部屋』に出演したときも、小池都知事と対談したときも、キャラを貫きました。

ただし、トークの序盤に、こう切り出します。

「あたし、徹子さん(都知事)のこと、だーい好き」

我が国は、世界一の高コンテキスト社会なので、好意を持っていることを言外で伝えるのが普通です。愛してるなんて、そう簡単に言わない。

それをサラッと言ってしまうのが、用心深いフワちゃんのあざとさなのであります。タメ口の免罪符を手に入れる法。

ホリエモンに、そんな計算はありませんでした。

くびれのないウエストを強調した衣装や平凡なルックスも、多くの報われない女性を安心させます。

普通の女性が、普通でない情緒で、遠慮なくぶつかっていくというのがまさにYouTube向きなんでしょうね。誰でもできるわけではありません。