都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

携帯料金プラン

自宅に光回線が開通し、Wi-Fi環境が整ったので、スマホ料金プラン変更のため、携帯ショップを訪ねました。

実は、先週木曜日に飛込みで行ったところ、予約じゃなきゃダメだと言われ、出直したのです。いやいや、結構な混雑ぶりで、接客時間も長くなりがちなので、仕方ありません。

なぜ、そんな風になるかといえば、

 (1)料金プランが複雑すぎる

 (2)ヒマな老人が多い

 (3)行き違いから、小さなトラブルが起こりやすい

 (4)お店サイドは、何かを売りつけようと、虎視眈々狙っている

とまぁ、こんなところ。

それぞれの店舗は、携帯会社本体ではない保険代理店のような存在で、覚えることが多いのはもちろん、クレームを受けがちなため、土日も休めないこともあって、従業員が長続きせず、離職率が高い職種となっています。

調べてもらったら、昨年申込もうとしてやり方が分からず、途中で諦めたハズのスポーツ中継アプリが引落とされていたことが判明しました。

一度も見たことないんだけど、携帯料金に上乗せされていて、気付かなかったのです。便乗商法?悪いのは私??

 

担当者は私がNTTで光回線を契約したことを知るや、乗換えを示唆し、どういうつもりなのか、JCBの会員番号を聞いて来たりしました。

うーん、やりすぎでしょ。

今後、菅総理が頑張って、大幅値下げが実現すると、殺到するんでしょうね。そうなると、余計にショップが頑張る図式。

ボーッと生きてると、危険がいっぱいなのであります。