都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

連濁

私の母方の祖母は、山口県の出身で旧姓を山崎といいます。山崎と書いて「やまさき」。西日本では、この読み方が一般的で、東では「ざきやま」でしょう。

そんな例は、「なかだ」と「なかた」、「なかじま」と「なかしま」、「とよだ」と「とよた」など枚挙にいとまがありません。

ソフトバンクの柳田選手が「ギータ」と呼ばれるのも名前が「やなぎた」と濁らないから。

だから、聞いてみなければ分からないというのが実情です。

 

二つの言葉が結びついて、一つになったものが複合語です。

日本語には、たくさんの複合語があります。いや、むしろ複合語の方が多いのかも。

この場合、後ろの言葉の清音が濁音に変化するという規則性があって、このことを連濁と言います。

だから、ゴミ+箱は「ごみばこ」、食器+棚は「しょっきだな」などとなるわけです。

ややこしいのは、例外がたくさんあって、後ろに外来語がついたり、後半の語にすでに濁音があったり、二つの語が並列関係にあったりすると、このルールが当てはまりません。

「大型サイズ」「ニシキヘビ」「やまかわ」など。

とか言いながら、それにもさらに例外があったりして、ロジカルに説明するのは難しいです。

多くの日本人は、そんなことを全く知りませんが、自然に使い分けています。不思議ですね。たくさんの情報が耳から入ってくるうちに、何となく使い分けることができるようになるのです。

ロジカルを好む人には、イヤな話です。スッキリしないから。

文系、理系ってのは、そういう違いなんでしょうね、きっと。