都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

多様性と言うけれど

大相撲の一月場所は、平幕の大栄翔の優勝で幕を閉じました。

白鵬がいないと、賜杯争いが混沌とします。何せ年六場所なのに、44回優勝ですからね。史上最強と言っていいでしょう。

しかしながら、白鵬に対する評価が極めて低いです。

品格がないなんて言いますが、本当の理由は帰化したもののモンゴル出身だということ。国粋主義攘夷論を引きずっています。

だけど、異国の地で外国人が頑張るって、本当にスゴいことです。

それは、身近にいる外国人の様子を見れば、簡単にわかります。

日本人は、白人に弱いものの、人種が近いアジア人を下に見る傾向が強いです。特に、65歳以上の高齢者に偏見がある。

そういうのって、恥ずかしいことであり、変えていかなければなりません。

マナーが行き届かないのは、きちんと教えていないから。そばにいる者の責任です。知らなくてやってしまうことなんて、いくらでもあります。

そして、ダイバーシティの推進は、社会全体のテーマです。