都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

ダイバーシティの権化

サッカーの場合、日本人の有力選手の多くは、ヨーロッパでプレーしています。

だから、Jリーグはイマイチ盛り上がりません。

外国人選手も、売出し前の若手であるか、引退前の小遣い稼ぎみたいなのしか来ないので、レベル的に疑問があります。

その割に、J 2、J3とチーム数が多いというのも、薄まってしまっているような気がします。

これに対し、ラグビーは真逆で、世界のトッププレイヤーが大挙してやって来ました。

南半球の国々がシーズンオフだということと、外国人枠が緩やかであるため、受け入れやすい環境が出来上がっています。

ビックリしますよ、見に行ったら、カタカナ表記の名前だらけで。

高校のころ留学生としてやって来て、日本に帰化している選手も多いので、グランド上に半数以上がいても、不思議なことじゃありません。

なので、ラグビートップリーグのレベルは世界水準となっています。

サントリーのボーデン・バレットなんて、サッカーで言うならば、メッシやロナウド級です。

残念なのは、コロナによって、W杯の興奮冷めやらぬ昨年のシーズンが中止で水をさされたこと。

今季は、入場者を制限しながら、おっかなびっくりで進めています。テレビも中継すればいいんだけど、視聴者が男ばっかりだとスポンサーがつかないんですかねぇ?