都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

自分を動物に喩えると

ベトナム技能実習生に日本語を教えていたときの話です。

彼女たちが来日したときに、それぞれを理解するために事前アンケートを行いました。そのときの質問の一項目が「自分を動物に喩えるならば、なんでしょう?」です。

多いのはイヌ。サルってのもありましたが、驚いたのは水牛だという答え。

エーッ?

日本人では、まず、ないでしょう?牛の関係者。

ところが、ベトナムでは農業の機械化が遅れていて、未だに役牛が活躍しているらしい。つまり、水牛のように真面目にコツコツ働くってことを言いたいんだそうです。

なるほど、文化の違いって、そういうことなんですね。水牛かぁ。

だとすると、ブタっていうのもアリかもしれません。愛らしいし。一緒に暮らせば、また違った感情が生まれるかも?

私の場合、カバですね。風邪引かないところが似てると思う??