都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

点灯無視

トンネルを運転しているとき、イラッとするのは前のクルマがライトを点灯していないことです。

今どきは、自動で点いたり消えたりするやつもありますが、それはまだ少数派。田舎の山道は、トンネルとの親和性が高いので、点けたり消したりが面倒だと思っている人は多いのです。その理由は、点けなくても見えるから。トンネル内は、そこそこ明るいので、まぁいいかとなるわけです。だけど、それは自分の話です。相手からどう見えているかが分かっていない。対面車両はともかくとしても、後ろについたクルマには、いい迷惑です。

で、この話、コロナと似てるなぁと思いました。

つまり、若い人からすれば、どうせ普通にインフルエンザと同じだと思いがちで、罹ってもたいしたことないなんて考えているけれど、自分が加害者になるという想像力に欠けている。

マスクも同じですね。自分だけの問題じゃないってこと。今日はここまで。