都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

スラムダンク

男子のバスケットボールが、いつの間にか強くなっていました。

プロリーグが軌道に乗ったこともありますが、外国人選手の帰化やハーフ選手の台頭で、雰囲気が一掃されているように思います。

今回の五輪代表として、父親がベナン人の八村塁、父親がブラジル人のベンドラメ礼生、父親がアメリカ人のシェーファーアヴィ幸樹、高校入学前に日本国籍を取得した張本天傑、昨年日本国籍を取得したギャビン・エドワーズが選ばれました。

スポーツを行う選手たちにとって、日本の環境が素晴らしいと知れ渡ってきたように思います。

大会では、世界ランク2位のスペイン、4位のアルゼンチン、16位のスロベニアと同じ組で予選を戦うとのこと。

ちなみに日本は42位ですが、サッカーよりも期待できるような気がしています。有観客だったら、よかったんだけどねぇ。