都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

狼少年

前回の東京五輪のころ、テレビがカラーの時代となり、買い替え需要を煽ったりして所得倍増だと浮かれていました。

「うちーのテレビにゃ色がない、隣のテレビにゃ色がある〜ありゃまキレイとよく見たら、サンヨーカラーテレビ〜♬」

スゴい販売促進力です。こんなCMソングを繰り返して、子どもに覚えさせる戦略。

ゲームなんかない時代、テレビの影響力はすさまじく、今で言えば声優に当たるんでしょう、楠トシエだとか榎本健一だとかが歌うと、その商品は間違いなくヒットしました。

そのときに利用されたのが、アニメです。ビデオはありませんから、見逃しちゃいけませんよとゴールデンタイムが子供の時間。

私が欠かさず観ていたのは、

「ボバンババンボン ブンボバンバババ ボバンババンボン ブンバボン〜♫」

何だかさっぱり意味が分からないけれど、ジャングルで狼に育てられた少年がヒーローで、動物と喋ってました。

カラーに馴染みやすいのが森林の景色ってのは考え過ぎですか?

主人公の狼少年は名前が私と同じ「ケン」なので、影響を受けないハズがありません。

三丁目の夕日のころのことは、よーく覚えているのであります。

四度目の緊急事態宣言もまた、狼少年を思い起こしました。

 

さて、柔道の快進撃は続いており、昨夜もウルフ選手が金メダルを獲りました。

コロナ禍のオリンピックでは、他国に比べて稽古相手が大勢いることが、日本の選手に有利に働いているようです。

早めに代表を決めたのも良かったし、技にこだわるルール改正も良かった。

そして、千代の富士を彷彿とさせる名前がいいですね。格闘技に相応しい。おめでとうございます。