都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

殴り合いが好きな女性

それは、ホリエモンの悪ふざけから生まれた話でした。大喜利としての猫ひろし再生計画で、カンボジア帰化してのマラソン代表取得への道。

周りは面白がって言ってみたんだけど、本人が乗ってきちゃったらしい。

もともとの芸名にしても、舘ひろしをイジった下ネタ(タチじゃなくてネコ)で、ギャグは全く面白くないけど、生き様がネタという身体を張った芸人なので、そういうのもアリだと。

結局、前回のリオ五輪カンボジア代表として出場しました。たいしたものです。

 

次にお笑いからチャレンジしたのが南海キャンディーズしずちゃんです。女子のボクシングは国内の競技人口が全部で100名と言われており、減量して70キロのミドル級となると、誰もいなかったところに目をつけました。身長180センチの山崎静代選手は、天賦の体躯であった訳です。

そこで、ものすごく本格的なトレーニングを積んだものの、実戦の経験不足は補えませんでした。

だけど、着眼は間違いない。競争率の低い競技にチャンスがあるのは、国内競技人口35人と言われるスキージャンプ女子を見れば、明らかです。

総じて、発展途上国が入って来ない女子の競技は狙い目ですね。女性の競技の方が投資対効果が遥かに高いので、強化のしがいがあるってこと。

ダイバーシティ推進は、オリンピックを経て加速しそうです。