都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

ストレートに強い打者

『データで楽しむプロ野球』のサイトから、セ・リーグ打者のストレートに対する打率を調べてみました。

80打数以上の選手を対象としています。

 

1位 大島(中日)134打数53安打 .396

2位 オースティン(DeNA)85打数33安打 .388

3位 ウィーラー(巨人)106打数40安打 .377

4位 佐野(DeNA)141打数52安打 .369

5位 桑原(DeNA)137打数49安打 .358

6位 坂倉(広島)83打数29安打 .349

7位 中村(ヤクルト)108打数37安打 .343

8位 サンズ(阪神)113打数38安打 .336

9位 丸(巨人)93打数31安打 .333

10位 ビシエド(中日)108打数34安打 .315

 

相手バッテリーが、この選手はストレートに強いからやめておこうと考えると、ボール気味に外すとか、そもそも勝負球としないので、必ずしもその数値が実力を反映しているわけではありませんが、傾向は掴めます。

それは、外国人打者が総じてストレート系に強いこと。

阪神DeNAの打者が、勝負球としてストレートを使われることが多いのに対し、広島の打者には変化球勝負が目立っていること。

ヤクルトの打者は、ストレートのボール球をしっかり見極めていること。などなど。

チームで主軸を打つ打者は、悪くても2割8分程度はキープしています。そのへんの数字がレギュラーの目安となるようです。