都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

陸の王者

今日は学歴の話。

ひと昔前、自民党で総理大臣を目指すような人は、東京大学出身でした。吉田茂鳩山一郎岸信介佐藤栄作福田赳夫中曽根康弘宮澤喜一。ただの東大ではありません。こぞって東大法学部。エリート中のエリートです。

財務官僚に言いくるめられないように理論武装しています。

それは、党内にも睨みが効く。東大法学部ですから。

だけど、『ドラゴン桜』は漫画であって、実際にはそんなに簡単に行けるもんじゃありません。安倍さんは東大生の平沢勝栄を家庭教師につけたのに、附属のままでした。麻生さんは、東大なんて考えもしなかったようです。

世襲制の中で、二世や三世が勉学に勤しむなんていうのは、極めて稀なこと。

バカとブスこそ私立に行きます。

 

総裁候補の四人は、岸田文雄早稲田大学高市早苗神戸大学河野太郎ジョージタウン大学)野田聖子上智大学)です。

このうち、岸田・河野・野田が世襲議員河野太郎は慶大中退で、その前が慶應高校でした。

実は、この慶應高校が二世の吹き溜まり(?)でありまして、錚々たる顔が並びます。

石破茂(64)…石破派の領袖

石原伸晃(64)…石原派の領袖

福田達夫(54)…党風一新の会・代表世話人福田赳夫元首相の長男

岸信夫(62)…防衛大臣、安倍元首相の弟

竹下亘(74)…竹下登元総理の弟

武見敬三(69)…武見太郎元医師会会長の長男、麻生太郎元総理のはとこ

高村正大(50)…高村正彦元副総理の長男

中曽根康隆(39)…中曽根康弘元総理の孫

石原宏高(57)…石原慎太郎都知事の三男

他にもまだいるかもしれないけど、いずれも劣らぬサラブレッド。大学じゃなくて高校ってところがポイントです。小沢一郎橋本龍太郎小泉純一郎も違う。受験組は東大に行けなかったけど、彼らは行かなかったのです。臆するところがない。コンプレックスがありません。

 

コンピュータの時代は、知識の蓄積が重要ではなくなりました。

むしろ、情報に対する感度が問われます。

そこのところを埋めていくのが、環境と人間関係。

そういう意味で、受験勉強に振り回されない高校生活が大事なのかもしれません。