都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

貧すれば鈍する

プロ野球の観客入場制限で、最も打撃を受けるのが、親会社を持たない広島カープです。

新球場誕生と共に成績も上向き、毎試合が満席状態でのことでしたから、これは大きく響きます。昨年の赤字が29億円ですから、今年もそれに近いと思われ、リストラへ向かうのは必至でしょう。利益がいっぱい出て、寄附しまくっていた数年前がウソのようです。

そうなると、一番に考えられるのはポスティングシステムによる鈴木誠也選手の放出です。当初の予定では、あと一年の余裕があったハズですが、早まりそうな気がします。口減らしってことですね。悲しい。

次にあるのが、高年俸選手の首斬り、または大幅減俸。

リーグ三連覇を経て、みんなお金持ちになりましたからね。菊池涼介田中広輔會澤翼・大瀬良大地・野村祐輔長野久義松山竜平中崎翔太今村猛らの大幅ダウンは免れられません。みんなリーダークラスだから、テンションが下がる一方で、FA流出も不可避です。普通だったら必死になって止めるところなんだけど、ない袖は振れないのが悲しい。

そして、成績悪化の責任を取らせるべく、首脳陣の交替を迫るべきところ、お金がないのでこれも叶いません。黒田博樹とか新井貴浩の待望論がありますが、選手に回すことで精一杯です。ジャイアンツの監督コーチの待遇と比較すると、目眩がします、ホント。

最新鋭機器のトラックマンを導入していないのは、カープだけ。スコアラーの人数も減らされたと聞いています。

新人獲得も積極的には動かないだろうなぁ。

それもこれもコロナのせい。

建て直しには、しばらくかかりそうです。