都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

モテたい!(2010/4/13分再掲載)

毎年、100万人を超える赤ちゃんが産まれておりますが、実際には男性のほうが5パーセントほど上回って出てくるので、世の中がいびつになり、そのために結婚しない(できない)男性が多くなっています。
そりゃ、そうですよね。毎年、3~4万人も余計に産まれてきちゃうもんだから。叶姉妹みたいな人が頑張ったとしても、石田純一福山雅治みたいな人が持ってっちゃうから、足りないんです、女の人。

ところが、よくしたもので、男性は死にますから、年を重ねるに連れ、この差がじわじわ縮まります。
女性は死にませんからね。
で、50歳代で男女の人口が逆転します。80歳になれば、女性の半分しかいない。

だから、今までモテなかった男性も、50過ぎて60ぐらいになると、モテ始めます。
80歳ぐらいになると、もうオトコの奪い合いが、多分? 世の中は、うまくできてますね。


最近、よく来られるお客様で、いつも女性に囲まれている78歳の男性がおられます。
高齢社会とはいえ、男性のほうが寿命が短いので、友だちは女性か年下がいい、本当にそう思います。
しかしながら、年齢が高くなって、家族以外の女性と(真面目に)付き合える男性はなかなか少ないんじゃないでしょうか?一般に男の人は、話題が少なくて偏りがちですからね。つまんない。

そこで、そのお客様をじっくり観察し、女性にモテる秘訣を考えてみました。

①そこそこ元気であること
   健康が前提です。フットワーク軽く、外に出て行かなければ話が始まりません。
②よく笑うこと
   年をとると、使わない筋肉がどんどん衰えていきます。
   若いころ笑っていない人は、さらに笑わなくなります。
   だから、高齢で顔の怖い人が多い。それじゃ、モテませんね。
③気前がいいこと
   以前、仕事でご一緒した萩本欽一氏は、「男は30過ぎたら、オゴるかご馳走になるか、どっちかだ。割り勘はない」とおっしゃってま

   した。そのとおりだと思います。
④話題が広いこと
   女性と付き合うんだったら、相手の興味に合わせることが重要です。
   新聞・雑誌・テレビ・インターネットを情報源にワイドショーをチェックしておきたいところ。
⑤グルメであること 
   食べ物の話題は男女共通、万能です。
   それと、小食の男性はモテません。女性にプレッシャーがかかりますから。

とまぁ、こんなところ。
よく考えたら、これは同性でも同じですね。そんな人のほうがいい。ケヘッ、気をつけましょう!?