都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

首チョンパ

三谷幸喜脚本の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』が始まりました。

「鎌倉殿」とは、鎌倉幕府の将軍のことで、13人はそれを支える家臣団のこと。

そう言えば、学校で歴史を習ったときに頼朝亡き後がごちゃごちゃしていて、北条政子とか執権とかのキーワードが出てきたのを思い出します。

それを整理したのが、この番組ということ。

主役は小栗旬演ずる北条義時ですが、平清盛松平健)から木曾義仲青木崇高源義経(菅田将暉)頼朝(大泉洋北条時政坂東彌十郎)政子(小池栄子)宗時(片岡愛之助)と歴史に名を刻む個性豊かな登場人物が多士済々で、エピソードには事欠きません。

そのほかにも、宮沢りえ杉本哲太江口のりこ草笛光子山本耕史佐藤浩市國村隼秋元才加市川染五郎小泉孝太郎西田敏行鈴木京香市川猿之助と主役級がズラリ。三谷幸喜の本であればと、過去の作品に登場した演者が多く、そのあたりの絆を感じさせます。

もう一人、大河初登場が、義時の初恋の人で頼朝の愛人を演じる新垣結衣。源つながりです。

弁慶と静御前のキャスティングは未定とのことですが、どんだけ予算があるねんと思ってしまいます。

とどめがこれでもかとばかりのナレーションの長澤まさみ

NHKの利益還元祭みたいな大イベントなので、見逃すわけにはいかないでしょう。

 

基本的には史実に基づいておりますが、そこは三谷作品なので、どうしても笑いの要素をセリフに入れてきます。

第一回では、北条時政に「平将門首チョンパ」なんて言わせてました。こういうの怒る人もいるんだろうけど、逆に当時の言葉そのままで進められても、よく分からない単語が沢山あるハズ。これは、現代語への翻訳だと肩の力を抜いて考えるべきなのです。

いやぁ、今後の展開が楽しみです。筋は、ほとんど知っているのにねぇ。そこが、脚本と演出、それに役者の力なのであります。

見逃した方は、土曜日13時5分からの再放送で是非!!