都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

恒例 順位予想

セ・リーグ】 【パ・リーグ

1位 阪神   1位 ロッテ

2位 ヤクルト 2位 西武

3位 DeNA         3位 オリックス

4位 巨人   4位 ソフトバンク

5位 広島   5位 楽天

6位 中日   6位 日本ハム

 

セ・リーグは、阪神とヤクルトが抜けています。両者の差は、投手の駒数の違い。今年は延長戦が復活するので、後ろの枚数が多いところが有利だと思われます。ヤクルトは優勝後遺症で、リリーフ陣に昨年ほどの活躍は見込めないのではないでしょうか?

3位から5位はどんぐりの背比べで、どこも監督のマネジメントに問題ありと見ています。

どのチームも打撃偏重で、守備を甘く考えているように感じるのです。それでは、投手陣にストレスが溜まります。そういう不信感が芽生えると、少しずつ亀裂が生じていくのです。DeNAは、お友達内閣であるところがどうも…。ジャイアンツは、見逃し三振嫌いの原監督のプレッシャーが強く、オープン戦でも12球団最少の22個でしたが、そういうところで若手の芽を摘んでいるのに気がついていません。広島は、強力な投手陣を持ちながら、アホ采配でもったいない一年となりそうです。

中日は、打てなすぎて蚊帳の外。しばらくは、忍耐の日々が続きます。

 

パ・リーグは、全体の偏差値がセ・リーグに比べて高い。どの監督も、二軍に気を配れるし、スタッフのメジャーとの関係性も深い。その中で、一歩抜け出しそうなのがロッテです。

石川・小島・美馬・二木・岩下・ロメロ・河村と揃った先発投手に佐々木朗・種市が加わり、盤石の構え。社会人出身の新人、廣畑・八木も戦力としての目処が立ちました。野球はやはり、投手力が基本です。本命の座は揺るぎません。

二番手は西武。新人の隅田・佐藤のサウスポーが先発にハマるのが大きいです。パ・リーグでは、捕手と遊撃手が打つチームは強い。優勝の可能性もあると思います。

3位はオリックス。取り立ててマイナスはないものの、プラス要素も少ないんです。柳の下に二匹のドジョウはいない?

4位はソフトバンク。新人監督ってのは、そういうもんです。どこまで我慢できるかが試されるところです。

5位は楽天西川遥輝の補強は、いいような悪いようなで屋上屋を重ねた感じ。こういうのは、不満が溜まります。ジャイアンツパターンです。

6位は日本ハム。期待はしてるんですけど、いかんせん戦力不足です。オープン戦で四球出塁のトータルが23は12チーム中、圧倒的な最下位でした。打てなくても塁に出ようとする粘りがないと勝てません(ちなみにトップは、ヤクルトとオリックスでした)。そういう野球は、2ストライクアプローチを謳った今までのハムのスタイルと、明らかに違います。意識改革が吉と出るか凶と出るか?監督とコーチのコミュニケーションが気になるところです。