都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

喜怒哀楽

お笑い芸人がドラマに起用されるケースが増えています。

どちらかと言えば、漫才よりもコント畑の人が多い。そして、それは驚き方が上手い芸人です。

ドランクドラゴン塚地武雅、東京03の角田晃広ハナコの岡部大など、いずれも目を剥く仕草の巧みたちです。

それで思ったのですが、いわゆる美人とか二枚目とされる役者は表情が乏しい人が多い。ちょっと笑う練習をする程度で魅力が全開となるからです。あまりビックリしないので、脇に真逆の驚き役の人を置くことになります。

演技派と呼ばれる人は、泣くのが上手い人。涙は大粒の方が分かりやすいので、眼が大きな方が有利です。

涙が出ない人は、下手くそに見えてしまいます。それは、悲しい表現のバリエーションが、それほどないからです。

だから、本番前にたくさん水を飲むってのが大事だと思うんだけど、どうでしょう?