都会のネズミと田舎のネズミ

読書ネタ、スポーツネタ、お笑いネタ、時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。ハズレよりもアタリを読んでください。

首のすげ替え

私がパ・リーグで2位と予想した西武ライオンズが負けまくって、ついに監督が交代してしまいました。

本来であれば、監督代行としてヘッドコーチの平石洋介がなるべきところ、人事はGMの渡辺久信ですと。

このパターンは、石井一久が横滑りした楽天と同じで、周囲が白けきっているのが容易に想像できます。

親会社の本業が不振だと、楽しそうにやってる野球の現場は逆らえなくなるんでしょうね。球団の体質に強烈な上から目線を感じます。

 

今季、このチームを2位と予想したのは、チームのメンバー構成が広島カープによく似ていたからです。

強力な先発投手陣。得点力が低い打線。主力選手が流出してしまうこと。低予算なので、外国人選手にお金がかけられないこと。何より、松井稼頭央監督が選手寄りで、批判的なコメントを一切出さないというところ。新井貴浩監督とイズムが共通していました。

ところが、渡辺久信GMは昭和スタイルのマネジメントで、そういう甘っちょろさを弱さと捉えたようです。

だから、これからは信賞必罰、締め付けが厳しくなるのは必至です。コーチたちは方針の変更で顔色を窺って右往左往。選手は白けます。

この状況で考えられるのは、怪我のアピールです。

とりあえず今季をやり過ごして様子を見ようとする選手が出てくる。強いチームで無理にでも試合に出続けようとする姿勢とは真逆です。これが、弱いチーム現象。

前任者のマネジメントに不満が溜まっていたのなら、トップが変わることで流れを変えることができるけど、ライオンズの場合は非常にマズい。

エースや四番の集まりがプロ野球の世界なので、選手のプライドを甘く見ると、痛い目に遭うのであります。