都会のネズミと田舎のネズミ

読書ネタ、プロ野球ネタ、お笑いネタ、時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。ハズレよりもアタリを読んでください。

外食の極意

外食暦30有余年の私が、飲食店を選ぶ際のコツをちょっとだけ伝授します。

第一条 お店のキレイさと価格は反比例する
      牛丼やハンバーグの全国展開チェーンみたいなのは別として、飲食店における食材の原価率      は、大体のところ25~40%に抑えられています。
      価格に含まれる主だったものは、このほか家賃・水道光熱費・人件費ですね。
      この中で、家賃がそれぞれの事情によって、大きく変動します。
      つまり、なんとかヒルズみたいな有名ビルは、当然にテナント料が高く、そのまま価格に反      映していくわけです。
      これに対し、自社物件である場合、家賃が生じないのでその分原価率を高めに設定できる。      「この店、汚ねぇけど、安くて美味いんだよな」は、そういう話の裏返しであります。     
第二条 従業員が多いのは、必ずしもいいことではない
      これも同じような話。
      人件費にお金をかけるってことは、原価率が抑えられるってことです。
      お茶はセルフサービスみたいなお店って、間違いなく値段がリーズナブルですよね。

第三条 メニュー選びは、新鮮さを基準とすべき
      先日、札幌で行ったお店で、オススメを聞いたら、ウニの卵とじとアワビの唐揚げを言われ      ました。
      こういう食べ方って、日にちが経過してのもので、新鮮だったら絶対ナマを薦めるハズ。
      スーパーでは、牛肉が古くなるとミンチになって、それがしばらくすると、ハンバーグに転      化するってのが常識です。
      手の込んだモノは、疑いを持って見た方がいいのであります。

第四条 オススメには、二通りの意味がある
      本当に薦めている場合と早く始末してしまいたい場合。
      これは、値段で推理できます。
      妙に安いと思ったら、それは後者のケースです。

第五条 ワインには、気をつけろ
      酒類は飲食店にとって、重要な儲けどころです。
      ビールや焼酎は、ある程度値段がハッキリしていますが、ワインについては余程でない限       り、価格情報がありません。
      だから、ここぞとばかりにふっかけてくるお店があるのです。
      料理屋では、料理を楽しみましょう。

とまぁ、こんな感じ。
参考になりましたか?