都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

農繁期

お店は、農繁期になると、めっきり客足が途絶えます。
このへんは兼業農家が多く、土日に作業する中で、周辺に住む親族や友人が動員されるんだとか。
うーん、田植えかぁ。
晴れてると、暑いねぇ。そこらじゅう水溜りだし。

ところが、最新のトラクターは、当然のごとく冷房完備。
先日、常連の森林王(?)Tさんに頼み、子供みたいに運転席へ乗らせてもらいました。
これがまたスゴい。飛行機のコックピットみたいにスイッチだらけで楽しそう。
新車だと軽く400万を超えるそうです、楽しいおもちゃ。
田舎のおじちゃんは、お金を使う場所が少ないので、こういうのに贅沢します。
擦り寄ってくるイセキにヤンマーの営業マン。
分かりやすいなぁ。

このマシン、意外な弱点は、重心が高いこと。
機体を重くすると、沼地に沈んでしまうため、できるだけ軽く、運転席は高く。
そうか、そうか。慎重に動かさないと、引っくり返ってしまいます。
思い出すねぇ、幼稚園時代の私。頭が重たかったから…!?


そんなわけで、人の手配がつかなかったこともあり、週末(金・土・日)は臨時休業いたします。
この間、壊れたプリンターの取替え(修理より買い換えたほうが安い)、バックヤードへの網戸の取り付け、溜まった伝票の整理、在庫食材の確認などなど、やることがいっぱい。

金持ち喧嘩せず、じゃなかった、貧乏暇なしなのであります。