都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

お富さん

「いきなくろべえ みこしのまーつに あだなすがたのあらいがみ♪~」

子供のころ、こんな歌が流行ってました。
いわゆる宴会ソング。
「死んだハズだよ、お富さん」って言うのが明るいメロディラインに載っていて、違和感を覚えながらも何となく口ずさんでいました。
意味なんて、全く分からない。
「粋」「黒塀」「見越し」「婀娜」なんて言葉、持ってませんからね。
だけど、これが日本語だってのは分かる。そういうもんです。

この感じ、最近何となく分かるようになりました。
つまり、同じ日本人同士でも、人によって持っている言葉(語彙)の数がかなり違うってこと。
千ぐらいしか持っていない人がいれば、十万語以上を巧みに使い分ける人も。
これに、外国語が混じって、賢いかそうでないかの違いがハッキリしてしまう訳です。
そもそも言葉の意味が分からない上に…
考えるっていうのは、言葉をつなぎ合わせることだから、言葉を持っていないと考えがまとまらなくなるんです。
だから、ちょっと足りないと言われてる人は、あーとかうーとか言葉に詰まることが多い。
多分、そういうことです。

流暢に英語が話せなくても、一人でアメリカへ行けるんだけど、謎はたくさん残ります。
勉強しないであまりに言葉を持ってないと、日本語の会話があんな感じになるのでしょう。
うーん、それじゃ危なくって、いろんなことに積極的になれません。
だから、勉強が嫌いでも本はたくさん読んで、言葉の数を増やしておいた方がいい。
ホント、そう思います。