都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

KAMIWAZA

前職でイベントの仕事をしていたときに、パントマイムという世界を知りました。
永六輔さんを通じて、カンジヤママイムというコンビに出会い、マイムで奥の細道を表現するという趣向にこんな世界があるのかと圧倒されました。
基本の動きの中には、関節を外すってのがあって、本当に外れてしまうこともあるらしく、ギリギリの技のようでしたが、それはもう凄かったです。

続いて出遭ったのが、ザ・ニュースペーパーの松元ヒロ氏。
彼は、公演の中で、天気予報を身体で表現する荒業を示し、パントマイムで爆笑を誘える稀有なタレントであります。
本人はとっても腰が低くて、タレントというよりもクルマのセールスみたいな感じ。
みんなに好かれていることも、爆笑の誘引剤となっていたことでしょう。
今も、多くのファンを抱えているようです。
http://www.winterdesign.net/hiropon/index.html


今夜、何気なくテレビを点けていたら、相変わらず今田耕司がうまいことビートたけしをよいしょして、なんかやってるなぁって聞いてました。
要するに、世界中の一流芸人を集めて競い合ってるようだけど、あんまり興味がありません。
ただ、最後の登場が日本人で、これがすごくってどうのこうのって言ってるから、お客様も帰られたし、それじゃあ、ここだけ観ようと目を凝らしていたら、実に大変な内容でありました。
なんのことはない、最初からこれを見せたいがための企画だったのが、モロ分かり。
解説がちょっとうるさかったけど、それ以上に見事なパフォーマンスで驚きました。
http://www.ted.com/talks/lang/ja/kenichi_ebina_s_magic_moves.html
まだまだ知らないことがたくさんあるなぁって感じです。

表現の世界は、いくらでも拡がっていくのであります。
マイッタ!!