都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

修学旅行

私のキラいなことは、集団でみんなと同じように行動することです。
だから、遠足がイヤでした。
旗を持ったオネエサンの後ろに付いて歩くのがなんとも…。
映画館も苦手です。
いろいろ制約があるでしょう。
しゃべっちゃいけない、パンフレットをガサガサさせてもだめ、おならなんかもってのほか。
なるべく動かないようにじっとしてるなんて…。
給食もねぇ、みんな同じだから恥ずかしいんです。
ましてや、お代わりのために列に並ぶなど…我慢します。
なので、修学旅行が最悪でした。
ずっと便秘していた記憶しかありません。

最近の中高生は、修学旅行で海外に行くんだそうです。
常連顧客のTさんは、高校生の孫がヨーロッパに行くからと、お小遣いに20万円もむしられたそうですが、これがお金持ちの子息が通うような特別な学校じゃないっていうからビックリです。
まぁ、ヨーロッパは極端だとしても、韓国や中国は普通だそうで、領土問題がなければ、国内よりもニーズが高いといいます。
それは、格安運賃というコストの問題もあるけど、なんといっても旅行代理店の戦略が大きいのだと。
つまり、若いうちに海外へ連れ出してパスポートを作っておけば、社会に出てからも、抵抗がなくなるってことらしい。
すごいですねぇ、そんな風に考えるんだ。

刺身屋も子供向けに考えたほうがいいんでしょうね。
ちびっこイクラ丼なんてね。
やってみようかな?