都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

待つわ

コンビニの売上げが好調で、スーパーは落ち込んでいるといいます。
価格的には、スーパーのほうが安いんだけど、それだけでは決め手になりません。
生鮮食品を買うのは、断然スーパーでも、弁当やパンなど、手軽に食べられる調理済みの品揃えとなると、様子が違ってきます。
電子レンジの存在が大きいし、何と言っても、レジで待たせないってとこがポイントです。
レジ担当者を最小限で配置しているため、行列ができるのが当たり前のスーパーに対し、コンビニでは、ちょっとでも並んでいる様子を察知すると、陳列を担当していた店員が「こちらへどうぞ」とレジを優先させます。
この差は大きい。
何故って、買い物カゴの中身は、他人に見られたくないから。
お弁当箱をじっくり覗かれたくない心理と一緒で、買い物を終えた消費者は、一刻も早く、その場を立ち去りたいのです。
だから、スーパーは、レジの路線を分けるといいんじゃないかな。
例えば、5品目以内の小口購入者とそれ以上とか。


マクドナルドでは10月1日から、全国の店舗でレジカウンター上に置かれる「メニュー表」を廃止したんだそうです。
お客サイドは、レジの上に設置されたメニューボードと呼ばれるパネルや、通路に張られたポスターに書かれたメニューを見て、並んでいる間に注文を決めるといいます。
これによって、レジの前であれこれ悩む余地を与えないってことらしい。
回転率を上げるためには。
そういうもんですかねぇ?
メニューを見ながら迷ったり悩んだりするのも、外食の楽しみだと思うんだけど。
それを後ろで待っているとイライラするってことでしょうか?
強気ですね、グズグズするなの上から目線。
そのうち、コンビニがハンバーガーを売るような気がしています。