都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

そのまんま

『ひるおび』を観ていたら、東国原英夫氏が維新の会を代表する形で出演しておりました。
そのコメントたるや、誰かの発言をなぞるものばかりで、オリジナルを感じさせる意見は全くありません。
杉村大蔵氏に繋がるものがあります。
ポジションが欲しいだけの人。
言葉も持っていないから、ペラッペラな感じが充満しておりました。
岡っ引きに付いていく手下みたいな存在感は、ビートたけしにくっついていた時代のままで、こんな人がよく、自民党の総裁にしてくれと言えたなぁと、あんぐりです。

橋下徹氏が組む相手を間違えたのは、石原慎太郎氏よりも、むしろこのオトコでありましょう。
なんか、以前にも増して、人相が悪くなったと思っているのは私だけでしょうか?