都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

モータリゼーション③

徹子の部屋』に中村メイ子が出てました。
懐かしいねぇ、天才子役。
三波伸介らとの『お笑いオンステージ』は、毎週必ず見たものです。
芸名は、生まれ月である5月から取ったもので、私が最初に覚えた英語は“メイ”だったような気がします。
そして、歌。

  「いなっかーのバスは、オンボロぐるま。でこぼーこ道をガタゴト走る~♪」

なんだろうね、この脱力感。
そして、情景が浮かんでくる、見事なことば遣い。
擬音語もいいねぇ。
思わず口ずさむってのは、こんな感じでありましょう。


ひと昔前、田舎の交通手段の主役はバスでありました。
そういえば、前職の保険会社では、企業系列の子会社を代理店にしていましたが、地方のトップクラスには必ず名前がありました、バス会社。
この世界は、ルートを勝手に決められず、規制が多いため、政治と結びつきやすくなるってのも特徴かも。
そのバスも乗用車の普及に追いやられて、縮小路線まっしぐらです。
だけど、田舎は広いですからねぇ。
交通弱者と買い物難民が大きな政治課題となりつつあります。