都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

道場破り

私は主に九州に拡がっている“刺身醤油”なるものが嫌いです。
あの濃くて甘ったるいのがなんとも。
初めて食したとき、冗談かと思いました。うな丼じゃあるまいし。
江戸の人間の多くは、そんな感じだと思います。
キッコーマンだと安心できる。
ところが、こちらではあまり見かけませんね。
って言うか、調べてみると業界一位のシェアは25%に過ぎず、その土地その土地で人気のメーカが大きく変わっているのに気が付きました。今さらだけど。
お店では、値段とのバランスを考えて、地元のうまくち醤油とだし割り醤油をブレンドしたものを使っていました。
基本的に、薄味です。
それは、刺身の邪魔にならないから。
醤油の味で食べさせるようなお店は、古いネタだから、なんて思いもありました。

先日、開店準備を進めていると、30代とおぼしき若いお兄さんが、すまなそうに訪ねてきました。
自分のところのお客様が当店で食事して、違うメーカーだと気付き、売り込んでみたらどうかと勧められたんだと。つまり、挑戦してはと。
それで、試供品として小さなボトルを渡されました。
あれあれ、刺身醤油です。
丁度、サンマを引いていたので、早速口にしてみると

  「およよ」

これは美味い。
甘さも塩辛さも控えめだけど、コクがあって刺身によく絡みます。
即座に1ケースを買い込みました。商談成立です。
刺身定食専門店を標榜する『うみやま倶楽部』としては、醤油にもこだわりを持たないといけませんね。今さらだけど。
10月から、お店は豊北町の『マルカ醤油』に変わります。乞うご期待!!