都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

秘密保全法

汚染水の問題は、アンダーコントロールだと強弁して、半ば国際公約となったわけですが、そういう形でもいいかなと思っていました。
本気で取り組むならば。
ところが、消費税の陰に隠れて、安倍政権が強引に押し通そうとしている『秘密保全法』が問題です。
同法は国家の機密情報を漏らした国家公務員に対する罰則を強化するもので、尖閣ビデオが持ち出されたことに端を発したものですが、解釈によっては、放射能漏れや被爆の数値などにも関わるために、知る権利を脅かす放ってはおけない重大案件です。
にも関わらず、それについての当事者ともなる大手マスコミが、消極的なのはどういうことなんでしょう?
なんだか上のほうで、勝手にやり出したような気がしています。