都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

もんた&ブラザーズ

次男が起こした窃盗未遂事件について、親の責任があるやなしやで物議を醸しておりましたが、最終的にレギュラー番組の降板という形の決着をみました。
これのギャラが年間5億円だと言いますから、大変な損失です。
いくら金持ちでも、それなりに生活を拡げちゃってますから、一度に失くす金額としては、結構深刻なんだろうなぁと推察いたします。
会見では、釈放後の息子に対し、睨みつけただけでひと言も発しなかったという訳の分からない対応ぶり。
普通だったら、「本当はどうなんだ、お前?」でしょう。
そんな人が「厳しく育てすぎた」って言うんだから、ちゃんちゃらおかしい。

親の責任論よりも問題とするべきは、番組内で起きたセクハラ問題です。
ご存知ない方のために、映像を。
http://www.youtube.com/watch?v=5cfEXkwwNJI
女性はホントにイヤがっていて、顔はニコニコしているものの、身体を隣りの女性にギュっと寄せているのが窺えます。
本人はこれを「彼女がよくトチるので腰を叩いたつもり」と釈明しましたが、こんなこと、今どき普通の会社でやったら、大問題だし、電車だったら大変なことになるのであります。
そんな意味では、何の対応もしないTBSも見識を疑われるところ。
もしかしたら、今回の処罰は合わせ技なのかもしれません。
TBS勤務の長男も肩身が狭いねぇ。