都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

バスに乗ってからが遠足

遠足バスの手配を忘れた旅行代理店の社員が、生徒を装って「遠足に行くのが死ぬほどつらい。中止してほしい」との手紙を書いた問題は、振り込め詐欺にも似たところがあり、いろいろ考えさせられました。
まずは、この男、ただのアホではないってことです。
ストーリーを描けるわけですから。誰にでもできることじゃありません。
そして、上司や先輩に相談しなかったこと。
会社って、そんなもんですかねぇ?
さらに、バス会社の人手不足問題。
ちょっと前だったら、名神高速を逆走するなど、一日に二回の事故を起こすような社長がやってる会社に頼むんだろうけど、国土交通省による規制が強化されてますからね。
少子高齢化による若年労働の不足は、いろんな業界に問題を投げかけているのです。
女性と外国人のドライバーか?
あんまり、乗りたくないねぇ。
って言うか、遠足に修学旅行。
やらない学校が増えるんじゃないかなぁ??