都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

バカリズム

ノーベル賞を受賞するような人は、普段からものの見方が違っていて、絶えず「こんなものがあったらいいな」と考えているのに違いありません。
だから、みんな『ドラえもん』をワクワクしながら観ています。
そういうもの。


人生を進めていくといろんな岐路があって、振り返ったときに「あのとき、ああしておけばよかったなぁ」と思うことが、よくあります。
それを解決してくれるのが、『素敵な選TAXI』(毎週火曜22時・フジテレビ系)です。
竹之内豊が演ずるタクシー運転手がタイムスリップを手助けするSFコメディで、選択肢とタクシーを掛け合わせたタイトルとなっています。
タイムマシンというと、大げさなんだけど、このタクシーは手軽かつ安価なところが楽しい。
BGMで流れる音楽もテンポよく、オシャレ感を増しており、おすすめのドラマであります。

そう、“間”がいいんですよ。
と、思ったら、脚本はお笑い芸人のバカリズムでした。
控えめな水道橋博士って感じの人で、その独特な世界観は、一般大衆よりも業界側に受けてる感じ。
この人の才能は、演出する側にいてこそ活きる、そんな気がしています。
リズムなんだよなぁ。