都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

安全保障

最近、仕事の関係で知り合ったA氏は、県内でも有数の造り酒屋の御曹司。いわゆるお金持ちです。
185センチ90キロと体格もご立派で、マスクもいいもんだから、女性にモテる。
加えて、若いころから鍛えられているので、お酒が強い。
全く下戸だった私を何とかしようと、「ソフトドリンクもあるから」と高級キャバクラに誘い出します。
まぁ、金離れがよくて、長身イケメンだったら、黙っていてもナンバーワン・ツーがすり寄ってきます。
当然ですね。
いつも奢ってもらうわけにもいかないので、たまにはこっちが払うことも。
外食なんて、メシだけだったらタカが知れてるけど、お酒の関係はケタが違ってきます。やれやれ。

そのうちに、A氏は私も少しは飲めとお酒を勧めてくる、
最初は、カクテルみたいなのから始まって、酎ハイ・ワイン・生ビールと。
今では、当たり前のように、焼酎を飲んでいます。変われば換わるもんだ。
A氏は、声が大きいので、他のお客さんを強く刺激することがあります。
何せ、ナンバーワン・ツーを従えてるから、面白くない。
ってことで、闘いが始まることも。
最初は、脅すように声を荒げるんだけど、そのうちに物足りなくなって手が出ます。
見ていた私もまぁまぁと止めに入るものの、相手側から見れば、敵対行為です。
そういうときは、武力が劣るほうからやられていく…。
https://www.youtube.com/watch?v=qGEIXfv85LI


国会で審議されている安保法制って、そんな話だと思います。
歴代のアメリカは、軍需産業と繋がってるから、戦争したがるんです。
とくに、中東エリアは遠くだし、人種も宗教も違うから容赦ない。
そんな乱暴者と一緒にいれば、仲間と認定されてしまうのは間違いないです。

そしてもうひとつ、戦争で怖いのは、誰が民間人で誰が軍人なのかが判らなくなっていくこと。
性善説に立って、戦地に赴くなんてのはあり得ない訳です。
イラクに派兵された自衛隊員の自殺率が異常に高いのも、そのへんのことが関係あるのでは?
総理はアメリカの議会で運命共同体を約束してきたんだけど、やっぱり憲法があるからダメでしたと首を差し出すのが、唯一の解決策だと思います。
ハトポッポに続く嘘つき外交だけど、仕方がない。
喧嘩しすぎなんだよ、アメリカは。