都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

スーパースター

早稲田実業の清宮選手の通算本塁打数が106本で、新記録まであと1本に迫っています。
そこで、通算本塁打ランキングの10傑を調べてみました。

  1位 山本大貴神港学園=12年)107本
  2位 清宮幸太郎早実=17年) 106本
  3位 黒瀬健太(初芝橋本=15年) 97本
  4位 伊藤諒介(神港学園=10年) 94本
  5位 中田 翔(大阪桐蔭=07年) 87本
  6位 大島裕行埼玉栄=99年)  86本
  7位 横川 駿(神港学園=11年) 85本
  8位 鈴木 健(浦和学院=87年) 83本
     中村剛也大阪桐蔭=01年) 83本
 10位 岡本和真(智弁学園=14年) 73本

このうち、プロ入りしたのは黒瀬・中田・大島・鈴木・中村・岡本の6人。
神港学園の3人は、プロ野球選手にはなっていませんでした。
なんでかなぁと調べてみると、この学校のグラウンドは、両翼85メートル中堅95メートルと破格の狭さ。
そのことを強調すると、いろいろ傷つけてしまうというような配慮があって、テレビではあまり言わないようにしているらしい。
ちなみに、早実グラウンドは両翼93メートルの中堅120メートルでした。
なので、清宮選手の記録は図抜けてスゴイってことになります。
どこのチームが指名するのでしょうか??