都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

教え上手

たとえば、プロ野球の選手が中学生とキャッチボールをする場合、手加減をします。
そうしないと、成立しないから。
コミュニケーションをとるのがうまい人は、この手加減が上手です。
なぜなら、会話のキャッチボールが手加減なしには成立しないから。
だから、マンツーマンの指導では、相手の力量に応じて、言葉の種類や内容を使い分けているのです。
教え上手とは、そういうこと。
つまり、誰が相手でも同じ話をするのではなく、相手の理解度に応じて、ペースを変えるというのがプロのやり方です。
だとすれば、指導する側は、ひとつのことをいろいろ変えて表現する言葉を持っていなければいけません。
本を読んでいない人が誰かを教えることなんてできないとする所以です。

多くの研修が成果が出ない理由は、限られた時間の中で、内容を詰め込みすぎるからです。
そのために、表面をなぞるばかりで、掘り下げたものにならない。
受講者は、追いついていくために、一生懸命メモを取ったりするのだけれど、中身を理解しているわけではない。
こうして、ばたばたと時間が過ぎていくのです。

教え上手は、大事なことは、3つ伝われば良い、と知っています。
そのうえで、何回も繰り返し、呪文のように唱えていく。
そういうのって、教える側に自信がないとできないんですけどね。