都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

コンフィデンスマン

フジテレビで長沢まさみが詐欺師を演じる月9ドラマが話題になっていたので、今週の第二話を視聴しました。
詐欺師といっても、悪い奴を懲らしめる勧善懲悪のストーリーで、何にでも向かっていくわけではありません。
今回は、リゾート開発でグングン成長を続ける『桜田リゾート』がターゲット。
この会社のやり口は、ネットの書き込みを操作して、乗っ取ろうとした旅館の評判を貶め、経営危機に陥れるのと政界にお金をバラまいて情報を得るというもので、現実の世界を想起させます。
こういうの、当事者は不愉快でしょうね、なんとかリゾート。だけど、遠からず当たっていると思うのも大衆心理ではあります。

財務省次官のセクハラ問題。これも、昔、松島菜々子主演のドラマで、似たような話がありました。「おっぱいを揉ませろ」なんてことは、福山雅治渡辺謙は絶対に発しない言葉でありまして、モテない男はそう言わざるを得ない。
さらに言えば、この人、これが初犯?とさえ思います。
被害者のテレ朝記者は、上司に相談して、黙殺されたということらしく、この事件の闇の深さをうかがわせます。
ともあれ、こういう人が旦那さん(もしくは父親)の家族は大変でしょうね、きっと。