都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

自転車ロードレース

オリンピックを観る予定はなかったんだけれど、たまたま道路渋滞規制の看板を見つけて、どんなものだろうかと出かけてみました。

その種目は、自転車ロードレースです。いや、初めて知りました、自転車のマラソン競技。東京の武蔵野の森公園をスタートして静岡県富士スピードウェイまで、男子が全長244Km、女子が147Km。距離もさることながら、獲得標高差が男子の場合、4,865メートルと言いますから驚きです。

私は、女子のレースを山中湖畔の旭ヶ丘から篭坂峠へ登る道の途中で観ることに。

先頭グループ通過の一時間前に到着したところ、コース周辺は、自衛隊と警察とボランティアとで厳戒態勢。観戦を控えるようにと言ってましたが、近所に暮らしていれば行きますよ、そんなもん。だけど、負けないだけ動員されていました、大会関係者。これは、コストがかかりますよ、お弁当と飲み物だけでも。

自衛隊員の中には、ホントにやす子みたいな人がおりました。冗談だと思っていたけど本当です。ちっちゃくてコロコロしていてソックリ。だけど、男社会の自衛隊では逆に大事にされそうです。セクハラ・パワハラは遠い昔。仲良く情報交換してました。

で、通行禁止だとか観戦場所の限定だと言っても、文句を言う一般人は結構いるもんで、ほとんどはオバチャンです。

「競技者が来てないんだから、通ってもいいだろう」とか「邪魔にならないから、ここで観てもいいだろう」とか。

安全のため、そして円滑な進行のためのルールを国民の権利で上書きしようとします。関係者が4時間前から準備していることなんか、想像できません。オジサンは表立って言わないけど、オバチャンは攻撃的です。婦唱夫随。言葉の問題も含めて、痛い目に合わないからでしょうね。だから、森喜朗元会長の意見には賛成です。

 

さて、肝心の選手一団が我々の前を通過するのは一瞬でした。電動自転車じゃないのにねぇ。登りなのにねぇ。

かくして、待つこと1時間、通過すること3分の病院みたいな観戦は終了しました。

前後に参勤交代みたいにバイク、自動車、バスが走っていたのが印象的です。何だかわかんないけれど、選手の数と同じくらい車の上に予備だと思われる自転車を積んで走っていた乗用車がたくさんいました。故障したときのためなのかどうか、登場人物の多さを助長しています。ボランティアの打ち合わせから県をまたぐ広範囲の交通規制まで、どれだけコストがかかるやら。

この競技、地上波のテレビじゃやらなかったけれど、中継すれば、箱根駅伝より絶対面白いです。3分でも、そう思いました。

 

 

荒事師

その昔、草野球をやっていたときのこと、新宿区の大会は春秋二回の開幕に合わせ、参加チームを一同に集めて開会式を行う決まりになっておりました。セレモニーの開始はプラカードを掲げての入場行進です。ここに出席できなかったチームは失格。我々は、企業のチームなので、選手はみんな一時間以上をかけて集まらなければなりません。わざわざそれだけのために、ユニフォームに着替えて8時集合。君が代は、ソノシートでした。MISIAを呼ぶわけないもんね。アマチュア野球連盟は、上から下までそんな感じです。規則と儀式が大好きだと。誰も止めようと言わないもんだから、ズルズル続いているように思います。今もやってるのかなぁ。

 

さて、感染と観戦がゴッチャになって始まった東京五輪、開会式から見どころ満載でした。

ダイバーシティがメインテーマだとでもいうように、八村塁や大坂なおみを前面に立てていましたし、長嶋茂雄は闘病克服の象徴として。

ドローンで絵を描いたのも凄いし、ピストグラムのパフォーマンスも芸が細かい。

森山未來をはじめとして、ダンスパフォーマンスはいつの間にか日本のお家芸となったように思います。欲を言えば、土屋太鳳・蛯名健一も入れて欲しかった。

それと、ゲーム音楽が世界共通言語だと再認識。

あんまり考えたことなかったけれど、クールジャパンは新旧文化の発信基地だというのが、このたびの国威発揚でありました。

 

それにしても、渡辺直美のキレッキレダンスは残念だったなぁ。余計な裏話が暴かれなけりゃ、充分に成立してました。

それもこれも、睨みを利かせていた森喜朗が消えて、何でも反対の人が勢いづいたような気がします。にらみねぇ!?

立川志らくTwitterで、バッハ会長の後で「話が長くてゴメン」とコメントさせればオチがついたハズだと皮肉ってたけど。

暫くは、このお祭りを楽しもうと思います。しばらくねぇ!?

 

 

 

千円札を拾うな

リクルート出身の経営者をネット検索するとボロボロ出てきます。

この会社が社員にクリエイティビティを求め、独立して起業することを応援するような風土があることと、それにも増して横のつながりの強さが源泉となっているのは間違いのないところです。

形となったアイデアは、多くのビジネス書を生み出しました。

その一つが『千円札を拾うな』(安田佳生著・サンマーク出版)です。

普通、拾うでしょう? それを拾わない理由は、もっと大事なものを見失ってしまう可能性があるからですって。……そう来ましたか?

安田氏が本当に言いたかったのは、成長とは変化すること、そして変化するためには何かを捨てるってことです。

みんなと同じことをしているんじゃダメで、自分への投資が必要だと。なるほどねぇ。だから千円札を拾うなと。ズルいなぁ、それは詭弁です。

 

「いい女をつかまえるためには、現在フリーの女性から選ぶのでなく、彼氏のいる女性の中から探せ」というのが本物のツボでした。

真にいいものは、常に市場が放っておかない。誰も買いたくない、つまり彼氏のいない女の中をいくら探しても、いい女には一生出会えない。だから、いい女をつかまえようとするなら、今すでに彼氏のいる女の中から探すのが鉄則。ただし、強奪するのではない。予約するのだ。そして、その確率を上げるため、一人に絞り込むことはしない。十人ぐらい見つけておいて、予約して待つ。十人もいれば、半分くらいは彼氏と別れるハズ。大事なのは、彼氏と別れそうになったとき、自分のところへ連絡が入る仕組みを作っておくことだ。

うーん。

これは素晴らしい。仕組みについて解説できれば、恋愛成就の指南本が書けそうです。

そんな風に広げていくのがリクルートビジネスでありました。勉強になりました。

 

方言札

小学六年生だった私は、その日の授業に合わせて教科書等を準備するのが苦手で、しょっちゅう忘れ物をしていました。

今、思えば、発達障害的な一面があったのでしょう。ちょっと前の記憶が飛んでいく性質。大人になっても、家を出てから鍵を締めたかとか、アイロンのコードを抜いたかとかで、確認のため戻るなんてことを頻繁に繰り返していました。

担任の先生は、わざと反抗していると考えていたらしく、毎日のように忘れ物をする性根がない私を苦々しく見ていたようです。

頭にきたんでしょうね。ある日、習字道具を持って来なかった私の額に、習字の赤い墨で「忘れ物 若林」と書いたのです。

今だったら体罰で問題になるんでしょうが、当時は先生が支配者でしたから、そんなの関係ない。

で、私はといえば、堂々とそれを受け入れて、放課後もそれを消すことなく、自慢気に見せびらかして下校したのです。

ここで、怯んでしまったら、教師が図に乗ると思ったりしてました。イヤな子供。オリンピックの台本に携わらなくて良かった。

帰宅して、母親にめちゃくちゃ怒られたのは当然です。バカだねぇ。

 

その昔、沖縄では標準語を定着させるために、訛りが抜けない生徒に対し「方言札」というかまぼこ板みたいなものを首からぶら下げるように指導し、それは自分以外の生徒を告発するまで続けさせるというハンカチ落としみたいなシステムだったといいます。これが学校での話。そこまでして、共通語を浸透させようとした政府の言語政策は、第二次大戦後もしばらく続いたんだそうです。

これじゃ、県民の被害者意識が酷くなるのは当然ですね。国家的なイジメがそこらじゅうにありました。

今ではあり得ない話なんだけど、昔はそんなもの。戦争という発想そのものが上から目線、差別なんだなぁ。

 

湯を沸かすほどの熱い愛

週末のU-NEXTでは、宮沢りえ主演の『湯を沸かすほどの熱い愛』(2016年)を観ました。

この作品は、日本アカデミー賞で主演女優賞ほか六部門を受賞していたにも関わらず、それほど話題になっておりません。

ポスターを始めとする広告宣伝にお金をかけていないのもありますが、何と言っても日活ロマンポルノのタイトルかと思うほど、直接的でひねりがない題名で損をしていると思われます。

監督であり脚本を手がけた中野量太氏は、ほかに『バンザイ人生まっ赤っ赤』とか『ロケットパンチを君に』とか『チチを撮りに』などの作品を残しておりますが、どうもそのへんのセンスには恵まれていないようです。だけど、映画の販売戦略上は、ここが重要。シネコンで当日に観る映画を決める人も沢山います。また、多くの文学賞受賞作品が出版化される前に、タイトル変更している事実からも明らかです。

なんか、店構えが汚ったないことで損しているラーメン屋みたいな感じ。ホントは美味しいのにねぇ。

監督の周囲に漂う貧乏臭さは、ポリシーとさえ感じさせるものがあります。

 

とは言え、作品の力強さは超一流。宮沢りえ杉咲花オダギリジョー松坂桃李らの演技の巧さもさることながら、あちこちに伏線が張り巡らされたテンポの良い展開と人間愛に溢れたストーリーに魅了され続けました。これは凄い。

結末について、否定的な意見もあるでしょうが、そこは好みの問題です。

久しぶりに、喜怒哀楽すべての感情を湯を沸かすほどに揺さぶられました。

95点。まだ観ていない人は、是非!!

お色直し(2014/9/8分再掲載)

前職で広報の仕事をしていたとき、新入社員としてY子という女性が配属されてきました。
いきなりの話題で有名女性誌を拡げ、学生時代に食レポで取り上げられましたと自己アピール。だから自分は広報に向いていると言いたかったらしい。確かに4ページにわたって何枚かの写真と共にコメントを含めて掲載されていたものの、それは可愛いいからじゃなくて、双子(Y子は姉・どうでもいいけど)揃ってチャラいのが珍しくっての起用だと私には思えました。
しかし、本人との認識のズレはかなりのもので、その夏に行われた会社が協賛している地元夏祭りの美人コンテストに私への断りなく応募。
やはり地元の青年会議所で仲間の審査員に、「(ホントに落としちゃって)いいの?」と気を遣わせつつ、順当に落選しました。
顔の造りはまあまあだけど、背が低い。
加えて顔が大きいもんだから、不二家のペコちゃんみたいな感じ。
無理だねぇ。
このY子がその年、社内に新設された『ウインドサーフィン同好会』に速攻で参加したのです。
実はY子、胸がデカい。
そういうのって、自慢したくなるんでしょうね、やっぱり。
それはいいとして、初会合のその日、二回の着替えを行い、合計三着の水着姿を披露したといいます。
私は見たわけじゃないけど、こういう話は一気に全社に伝わります。
面白いねぇ、全くの他人だったら。
一年で他部署へ飛ばしました。


テニスの全米オープンで、錦織圭選手が快進撃を続けています。
すごいし、誇らしい。
だけど…
このスポーツに関する知識も視聴習慣もない私にとって、ゲームを見続けることは苦痛であり、きっとフツーの人が将棋番組を観たら、こんな気持ちなんだろうなぁと思ったりします。
いやぁ、長いですよね、決着つくまで。
目茶苦茶汗をかくので、シャツを着替えます。
でもねぇ、色まで変えますか?
引きで撮ったスポーツニュースが分かりにくいの何のって。
健闘を讃えつつも、ふとY子を思い出しました。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

7年前、錦織選手が全米オープンで準優勝したときのブログです。

ポロシャツを着て闘っているのを見て、ユニクロにはこういうのもあるんだとビックリしたのを思い出します。

最近、成績がパッとしませんが、東京五輪での活躍はどうでしょう?

あの日、君は何をした

人間の脳には、常に大量の情報が入ってくるため、それを取捨選択する必要があります。その役割を担っているのが、海馬です。大切な情報を保存して、いらない情報を直ちに捨て去る。

海馬は、情報を3種類に分類しています。

(1)感覚記憶 覚えなくても困らないので、数秒間で消えていく記憶

(2)短期記憶 その場だけで覚えていれば用が足りる記憶

(3)長期記憶 ずっと覚えていた方がいいので、何年も消えない記憶

感覚記憶が発達し過ぎると、容量を超えて、頭が爆発しそうになります。自閉症のような障害を抱えた人が、一度見た光景を写真のように再現する能力があるなどと言いますが、これです。いい面と悪い面とがある。人間は忘れる力があるからこそ、バランスを取って生きていけるのです。

勉強をするってことは、短期記憶として入ってきた情報を長期記憶へと転送させること。そのために、効果的な三つの方法があります。

(1)何度も書く 記憶に自信がない場合、メモを取るというのが有効であるし、単語カードの利用にも同じ効果が見込めます。

(2)意味づけする 似たもの同士をくっつけるやり方。年号の語呂合わせなども、これに当たります。

(3)思い出と結びつける 自分の周囲に起こる事例に当てはめてみます。

脳の働き方には個人差があるので、自分の特質にあった記憶術を身につけると、成果が上がります。

 

さて、本日のミステリー本紹介は、『あの日、君は何をした』(まさきとしか著・小学館文庫)です。

親子の情愛に潜むいびつな感情を描いた作品ですが、私は捜査に当たった刑事の写真のように記憶する特殊な能力が印象的で、注意深く追ってしまいました。いろんな人間がいるからこそ、世の中は面白いんだと。

ストーリー展開は、後味のよろしくないいわゆるイヤミスでした。屈折の度合いが行き過ぎていてちょっと。75点です。