都会のネズミと田舎のネズミ

読書ネタ、スポーツネタ、お笑いネタ、時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。ハズレよりもアタリを読んでください。

見せたい住宅

保険会社に勤めていたころ、そこそこ給料が良かったこともあって、家は近い方が良いという前提で物件を選んでおりました。

実家から通い始めたときは、片道一時間半の満員電車で激しく消耗し、帰りの電車では乗り越すことも数知れず。これではいかんと、通勤30分以内と家賃20万円以下を条件にしたのです。

東京と言っても勤務地は郊外の調布なので、それはもう選び放題でしたが、私はさらに「ユニークであること」を付け加えました。

最初に選んだ聖蹟桜ヶ丘の駅に隣接されたマンションは、最上階14Fの角部屋で1SLDKの家賃が18万。リビングが24畳という変わり種で、子供がいたら絶対に選ばないけども、なかなかの物件でした。特急が停まる駅に直結したってところが高ポイントです。

4年ほどで飽きて、次に住んだのが芦花公園駅から徒歩5分の一軒家。元々は韓国人の画家が所有していた三階建の住宅をフロアごとに輪切りにして、三世帯に改造した物件です。これが1LDKだけど90平米の広さで、リビングは32畳の家賃が20万。1LDKにも関わらず、トイレが男子用の小便器を含めて二つってところが笑えました。玄関も台所も風呂もサイズが普通の倍はあって、流石の韓流お金持ち仕様です。調子に乗って、野球部の仲間40人を呼んで夜遅くまで宴会をやったところ、近所に住む背中に絵が書いてあるお兄さんの怒鳴り込みにあったのを昨日のことのように思い出します。みんなが帰っていった後、一人で寝るのがメッチャ怖くなり、直ぐに宿替えを決意しました。

そして辿り着いたのが多摩センターの冗談みたいな5LDK 18万。そのうちのひと部屋が八角形の形をしていて、ぐるりと窓で囲まれているのが気に入ったのです。5LDKの一人暮らし。全く使わずに物置となっていたのが三部屋ありました。バカだねぇ。

 

ひろゆき&大盛真歩のまったり妄想不動産』という山梨放送の番組がTVerで観られます。

これは、東京近郊の珍しい不動産を紹介するもので、多分、私のような人が喜んでるんだと思います。

AKB 48の大盛真歩はともかくとして、なんでひろゆきが関わっているのか分かりませんが、パリ在住なのに日本の住宅事情に詳しいのが不思議でもあります。何でも知ってるんだなぁ。

それにしても、私が暮らしていたオモシロ住宅は、番組で紹介されている物件に負けず劣らずの偏屈ぶりで、やっぱりねぇと感慨深い。普通の人が二世帯住宅を考えているころ、私は見せたい住宅だったのであります。バカだねぇ。

上書きということ

日本のトッププレイヤーが大リーグに挑戦するのは、もはや普通のこととなりましたが、海を渡ってから痛感するのは、パワーの違いです。速い球を投げる、速い球に力負けしないように打ち返すためには超人的な筋力が必要で、それを支える肉体の改造を誰もが感じるところとなります。

だけど、成長期を過ぎて成人してから身体を大きくしようとすると、あちこちに必要以上に負荷がかかり、故障を誘発するのが定番となっています。わかっていても、そこへ辿り着いてしまうトミージョン手術。

野茂と黒田こそ受けていませんが、大谷・ダルビッシュ・前田・藤川・和田…みーんな、そうです。山本由伸も時間の問題なんでしょうね。それでも鍛え続けるのは、その先にあるものを目指しているからです。すんごい美人が整形手術するような話。ちょっと違うか?

 

まぁ、ここ20年ほどで、メジャーの影響もあるんでしょう。特にピッチャーのスタイルが大きく変わりました。

球速150キロ以上が当たり前になり、変化球の種類も増えていて、その曲がりが鋭くなっています。

ところが、それを解説するOBの顔触れが旧態依然としており、未だに完投するのが当たり前だなんて言ってたりします。

今夜のニッポン放送解説の江本孟紀(76歳)がその一人で、自分の現役時代を引き合いにして、持論を譲ろうとしません。

アナウンサーは、ご機嫌を損ねないようにするのが精一杯なので、私はイライラしながら聴いていました。

定年がないってのも善し悪しですね。半世紀前の常識が上書きされないと、こういう話になるわけで、政治なんかと同じだなぁと思ったりします。そういや、笑福亭鶴光も76歳で時代錯誤の猥談が今更のように糾弾されています。

ラジオが高齢者に支えられているとはいえ、ニッポン放送は制作サイドの上書きを考えた方がいいと思います。

超コミュ力

メジャーリーグの試合中継は朝の定番で、これを楽しみにしている高齢者が多く、NHKもBS契約者の数をグーンと伸ばしたことと思います。

時差の関係で、ほとんどが午前中に行われるから、制作サイドにも好都合。

ここに、局側もスポーツ担当のエースアナを投入します。お金をかけていますからね。

しかしながら、そのアナウンサーにも上手い下手がありまして、下手なアナウンサーは知識をひけらかすあまり、いつの間にか解説をしてしまいます。だから、解説者が無口になってしまう。解説のプロ野球OBは、もともと喋りが本業じゃありませんから、口が重かったりするんです。

その一方で、上手なアナウンサーは、自分が知っていることでも質問します。解説者の言葉を引き出すのが実に上手い。

これこそが、MCの極意です。良い司会者というのは、質問することで、出演者の個性を浮かび上がらせるのです。

 

ロンドンブーツの田村淳は、最初のころはそうでもなかったんだけど、いつの間にか、これを学びました。

自分の能力の高さを誇示するのではなく、相手の美点を引き出す高等テクニックです。結婚してから、芸風が変わったように思います。

最近出した本の『超コミュ力』(すばる舎)にそのへんのところがまとめられていて、コミュニケーションの要諦は、とにかく聞くことだと(それしか言ってません)。相手に気持ちよく話させることだと(それだけで220ページ)。なるほど、そのためには自分の代わりにツッコむ人間(ザキヤマとか有吉とか)を利用したりします。シュートじゃなくて、アシストに徹する立ち位置を覚えたんです。芸能界には、点取り屋がいっぱいいますからね。矢面に立たないのが長生きのコツであると。

 

それと、この本を読んで、ペラペラの薄い内容と共にもう一つの気づきがありました。

それは、漢字が少ないんです。なので、子供にも分かるような平仮名で喋っている。私は、外国人に言葉を教える仕事をしているので敏感なんだけど、その話し方は、小さい子供に対するのと同じなんです。う〜ん、田村淳が理屈っぽくなりすぎない秘密は、そこのところにあるのかも?

意識してそうなのか、もともと語彙が不足しているのかは謎です。

だけど、彼の実践している行動力と素直力はスゴいと改めて思いました。毒舌っぽく見えるけど、空気を読みながら非を認めて撤回する素直力。むしろ、この能力こそ、掘り下げてもらいたい題材なのであります。

イマキュレート・イニング

プロ野球では、3-0のカウントからバットを振る打者は滅多にいません。

今年のデータを見ると、以下のとおりです。

 

広 0打数0安打0本塁打33四球

神 0打数0安打0本塁打35四球

巨 3打数1安打0本塁打36四球

D 1打数0安打0本塁打23四球

ヤ 2打数0安打0本塁打34四球

中 0打数0安打0本塁打27四球

ソ 3打数1安打0本塁打31四球

日 6打数2安打1本塁打19四球

楽 3打数2安打0本塁打31四球

ロ 0打数0安打0本塁打29四球

オ 6打数2安打0本塁打30四球

西 1打数1安打0本塁打27四球

 

打ったけどファウルだった記録はありませんから、バットを振った回数はもうちょっと増えるのでしょうが、チーム方針として徹底されている球団が多いと推察されます。ちなみに一人だけホームランを打ったのはファイターズの万波選手でした。

その一方で、0-2とピッチャー有利のカウントでは、一球外すというのもパターンのようになっています。

投手側から、カウント0-2での成績を球団別に見てみましょう。

 

広 200被打数34被安打2被本塁打95奪三振 被打率.170

神 188被打数31被安打1被本塁打84奪三振 被打率.165

巨 178被打数17被安打1被本塁打77奪三振 被打率.096

D 243被打数36被安打1被本塁打110奪三振 被打率.148

ヤ 194被打数31被安打0被本塁打88奪三振 被打率.160

中 195被打数33被安打0被本塁打83奪三振 被打率.169

ソ 202被打数21被安打0被本塁打100奪三振 被打率.104

日 203被打数34被安打2被本塁打83奪三振 被打率.167

楽 206被打数43被安打1被本塁打87奪三振 被打率.209

ロ 223被打数28被安打2被本塁打109奪三振 被打率.126

オ 197被打数25被安打0被本塁打101奪三振 被打率.127

西 179被打数38被安打1被本塁打86奪三振 被打率.212

 

追い込んでから投げる球は、ストライクゾーンからボールに外れていく変化球が有効で、仮にバットに当てられたとしても、凡打となる確率が高いというのが、まさにセオリーです。だから、被打率が2割を超えている西武や楽天の投手陣は問題アリと言えるでしょう。キャッチャーが怒られているかもしれません。

 

ところで、交流戦ではカープの大瀬良投手がノーヒットノーランを達成して盛り上がっておりましたが、実はもっとスゴい記録が静かに達成されていたのです。

それは、同じくカープの森浦大輔投手が今月1日のソフトバンク戦で、三者連続三球三振のイマキュレート・イニングをマークしたのです。試合はカープが負けたので話題になりませんでしたが、長い歴史の中でこれを達成したのはわずか19人。ノーヒットノーランは、90人いますからね。

このときのキャッチャーが、天理大学で一年先輩だった石原貴規だったというのも記録に関係あったのかもしれません。

ちなみにイマキュレート(immaculate)とは、英語で「一点の曇りもない、純粋無垢である」ということだそうです。勉強になるねぇ。

 

 

囲碁将棋

ひと昔前、囲碁と将棋には、かなりの格差がありました。

囲碁が政財界のトップが好む趣味であるのに対し、将棋は庶民にさえ支持されているものの、品がないので上流階級の人たちはルールを知りながらも社交の場ではやらない。その一方で、縁台囲碁なんて聞いたことないでしょう? 競技人口では、将棋の方が多いんだけど、格式は明らかに囲碁の方が上でした。

江戸時代に遡ると、お城将棋などと言って、名人は茶道みたいに幕府の庇護を受けていたんですけど、おそらくは昭和初期、坂田三吉という異端の棋士がイメージを変えたんだと思います。吹けば飛ぶだなんて歌った村田英雄もちょっと悪い。

さらにはその後を引き継いだような、升田幸三という天才がいけなかった。外見が全然ダメな上に、どぶろっくみたいな下ネタを公然の席で言うし、タバコを一日300本(ホントの話)というのもねぇ。一気に、下に見られるようになったのです。

 

その認識をひっくり返したのが、羽生善治の登場でした。

タイトルを総なめした彼は、とびきり美しい女優さんを伴侶とし、アカデミックな学者さんとも対等に議論する。

これが、周囲のライバルたちにも影響を与え、いつの間にかその存在において、囲碁界を席巻するようになりました。

ワイドショーでは連日、藤井聡太を取り上げるものの、同じように対局が行われている囲碁についての情報はなく、誰が第一人者かも分かりません。変われば変わるものです。

今となっては、タイトル戦で着物を着用するってことも、世界に目を向けて背広で対局する囲碁とは、文化としての歴史的な重みや格式、神秘性に差が出てしまったように感じています。

こうした職業としてのステイタスの変化は、お笑い芸人と似ているように思ったりもします。

私が少年のころ、作文に将来の夢は漫才師になることだと書いて、母親に怒られたもんですが、今だったら、満更でもないような気がします。どうでしょう?

そういえば、いますね、囲碁将棋。だけど、これも将棋囲碁じゃないんだなぁ。何となく悔しい。

 

未明の砦

昔、勤めていた外資系の保険会社には、労働組合というものがありませんでした。

アメリカ本社の意向で、そういうものを極端に嫌っており、早い段階で社員厚生会というそれに変わる組織を押し付けて、経営サイドが社員と労使交渉を行うようなことがないようにしていたのです。

それは、戦後、GHQが民主主義を定着させたように、有無を言わせない手法でした。必要以上に労働者側の声が大きくならないように考えた、転ばぬ先の杖です。社員の方では、取り立てて会社と対立するような関係性でもなく、待遇もそこそこ恵まれていたので、不満の声も上がりませんでした。

だけど、私はアメリカ人の考えの中に、組合的なものや共産思想を極端に毛嫌いしていること、引いては反抗的な態度を許さず上から目線で日本人を支配しようとする姿勢がそこかしこで見られたのに嫌悪感を持ち、最後まで完走することはできませんでした。

 

これは、外資に限らず日本企業でも同じようなところがあり、労働組合が馴れ合いの御用組合となって、条件面でほとんど対立することなく、経営側の意のままになっているのが現状です。いつの間にか社員の半数近くが非正規雇用となり、低賃金のまま都合のいいように使われて、貧困国に成り下がってしまいました。情けない話です。

労働者の声を代弁するような政党の存在がかすれているのもなんだかねぇ。どうしてこんなことになってしまったのでしょうか?

 

『未明の砦』(太田愛著・角川書店)は、大手自動車メーカーの非正規雇用社員を主人公として社会正義を訴えた物語です。途中、冗長な部分も目立ったものの、国民一人ひとりが考えようとせず、自分の周りの問題を追うことに精一杯で、社会全体に視野を広げていないことを痛感させられました。作者は、テレビドラマ『相棒』をヒットさせた脚本家で、反権力をテーマとするためにいろいろと迫害を受けるようですが、頑張って欲しい。て言うか、テレビも新聞も政府の言いなりでだらしないと思う。違いますかねぇ?

 

【テーマ】タイトル・時代性・学習性 20点

【文章技巧】読みやすさ・バランス 17点

【人物描写】キャラクター・心理描写・思い入れ 17点

【構成】つかみ・意外性・スピード感 16点

【読後感】共感性・爽快感・リアリティ・オススメ度 19点

【合計】89点

鯉のアライ

思っていた以上に広島カープが躍進しています。

交流戦を終えて、2位阪神・巨人に3ゲーム差。

投高打低、混戦のセ・リーグの中で、抜け出した理由をまとめてみました。

 

(1)防御率ナンバーワンを支えるもの

何と言っても12球団トップの防御率2、18を誇る投手陣の存在は見逃せません。6回までを安心して任せられる先発投手の駒が揃っている上に、救援投手のレベルが高く、我慢比べがチームカラーとなっています。だけど、投手力ということで言えば、阪神や中日も遜色がない。むしろ、陣容的に上回っているとさえ思えるのに、実際にはカープ投手陣の成績がトップである不思議。その答えは、カープ鉄壁の内野守備にあります。守りに関する指標にファインプレーをカウントするものがないので、データで示すことはできませんが、一塁堂林・二塁菊池・三塁小園・遊撃矢野の守備陣は鬼です。ゴロさえ打たせれば、高確率でアウトにしてくれる。この信頼感・安心感は投手にとって絶大です。希少となった天然芝が本拠地であることで、技術や戦術(ポジショニング)に磨きがかかっていることも見逃せません。それは、不慣れな相手チームに仕掛けた罠でもあるんです。

(2)見逃せないベテランの存在意義

日本ハム辰年セブンと言って、万波・田宮・水野・矢澤・金村・奈良間・野村の売り出しにかかっています。いずれも2000年生まれで、これに水谷瞬(23歳)が加わったオーダーは若さではち切れんばかりです。そういうのって切磋琢磨の相乗効果が期待できるわけですが、逆境に陥ったときの支えとなるベテランがいません。リーダーがいないってこと。中田や西川や近藤…みんな出て行っちゃいましたからね。一見、監督はやりやすいかもしれないけど、手が回らなくなるんです。細かいところが見えなくなる。一方、カープには生え抜きのベテランが各ポジションの手本となっています。投手は大瀬良、捕手は會澤、内野は菊池、外野は松山。若い選手に教えるのは、コーチじゃなくて、先輩の背中なんです。チームは家族だってそういうことなんだなぁ。

(3)秋山翔吾が外野守備を変えた

外野守備も安定しています。それは、秋山翔吾がセンターを守っているからです。強いチームは、センターが両翼の選手に声をかけて、ポジショニングを決めているってところ、重要なんです。新庄剛志が現役時代、日本ハムの外野守備がスゴかったけれど、彼が稲葉篤紀森本稀哲に絶えず声がけしていたのを思い出します。カープでその役が秋山翔吾。やや不安視されていた末包昇太や二俣翔一が、外野守備を無難にこなしているのには、そんな理由があるんです。

(4)走塁に蓋をしないこと

盗塁企図数の68は、両リーグを通じてNo. 1です。失敗数の32も抜けている。これは、新井監督が自分が責任を持つからどんどん走れと公言し、選手たちに積極性を前面に出すよう指示しているからです。走る前に牽制でアウトにケースも多く、そのことは他チームに知れ渡っています。それが、相手投手や捕手にイヤなイメージを植え付けていて、そこそこのプレッシャーを相手ベンチに与えているのです。特に、三塁盗塁の仕掛けにも躊躇がないのは、発明とも言える。近年、守備方のフォーメーションが進化して、よそのチームは三盗をほとんどやりませんからね。

そして、どんどん走るもう一つの理由は、カープのレギュラー選手に鈍足がいないということです。長距離砲がいない代わりに、ドタドタ走る選手もいない。中軸が走れないとヒット3本でも点が入らなくなるってこと、感じたことありませんか? 常に全力疾走で、ヘッドスライディングを厭わないのがチームカラーなのです。

(5)捕手の使い分け

身体を鍛えたスポーツマンと言えど、毎日のように試合や練習をこなし、各地を転戦するプロ野球選手は大変です。特に、セ・リーグでのカープは移動距離が一番長い。だから、時には身体を休めたくなります。特に、捕手は重労働なので疲労が溜まりやすい。そこで、正捕手である坂倉将吾を程良く休ませ、會澤翼や石原貴規を起用しています。これには、リードスタイルが変わり、配球データが読みづらくなるというプラス面もあるのです。そうした配慮は、シーズン後半へ向けて、選手層を厚くする意図もあるのです。

(6)選手のプライドを守る

中日や阪神を見ていると、一軍二軍の野手の入れ替えが頻繁に行われています。二軍行きは懲罰人事。ちょっと打たれたり、打てなかったりすると、交替を求められる。それでは選手が育ちません。何クソっと頑張れるのは、若手の場合であって、今更のように二軍の試合に出場するのは、落第して進級できなかった生徒の心理にも似て、いいことはないように思います。人を見て法を説く。あらゆる社会において一番大事なことは、選手のプライドを尊重することです。カープでは、余程のことがない限り、状態が悪くてもベテランや主軸選手を二軍に落とすようなことはしていません。それは、プレー以外の役割にそれぞれの自覚と責任感があると信じているからです。

今季は新井監督が「耐えて勝つ」を体現しており、後半戦に向けて明るい未来が開けているのであります。