都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

賽は投げられた

新型コロナウイルスの「オミクロン株」の感染拡大を受け、尾身茂・政府分科会会長が「ステイホームは必要ない」と発言したことに対して、政府、自治体、医師会など各方面から強い批判の声が上がっています。尾身氏は「若年層の多くは軽症で自宅療養で軽快するので、検査せず、症状のみで診断も検討した方が良い」と、これまでの対策を大転換する意見を述べました。
今まで一枚岩と見えた医師会の牙城が崩れ、マスコミも戸惑っているようです。

しかしながら、ようやく出て来たこの見解こそ真っ当で、症状のない人にまでPCR検査を行うとか、濃厚接触者を隔離しろとかは、何が目的なのか私にはさっぱり分かりません。

そういう危険分子からの菌が巡りめぐって高齢者を襲うって言うけど、高齢者や基礎疾患を持った人たちが注意深くいればいい話で、配点の低い問題ばかりを解いているような頭の悪い子みたいです。それじゃ、及第点は取れませんよ。

全部三振に討ち取るなんて、できるわけないのに、頑張っている風を装う姿は見るに堪えない。

そして、何度も言うようにほとんど重症化しない子供へのワクチン投与。高齢者にうつさないためだと言うから、開いた口が塞がりません。

一刻も早く止めさせるべきです。

いろんな批判を浴びながら、尾身会長はよく決断しました。

どうか、みんな正気に戻ってもらいたい。そう思います。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

当ブログでコロナを取り上げた回

→2022/1/19 「鷺とり」

   2022/1/12 「アフリカでがん保険が売れない理由」

   2022/1/8 「情報操作」

   2021/12/17 「同調圧力

   2021/11/18 「ひとりも、死なせへん」

   2021/11/16 「本当は怖くない新型コロナウィルス」

   2021/7/13 「ゼロコロナという病」

   2021/6/25 「感染列島」

   2021/5/29 「過ぎたるは及ばざるが如し」

   2021/5/24 「ゴーマニズム宣言 コロナ論」

   2021/3/12 「新型コロナ、本当のところどれだけ問題なのか」

   2021/2/18 「コンテイジョン

   2021/2/11 「東京ばな奈

   2021/2/5 「パラダイムシフト」

   2021/1/16 「千丈の堤も蟻の一穴から」

   2021/1/8 「縷々」

   2020/9/19 「収束の理由」

   2020/6/4 「諸行無常

結構、書いてました。少しずつ、考えが変わっていくのがわかります。それが普通だと思います。

人気エッセイストランキング

高校大学と読書とは疎遠で、ましてや自分で文章を書くなんてことは想像もしなかったんだけど、会社で社内報編集担当者に選ばれて、読書の秋の企画の中で、自分たちで文章を書いてみようとの話になり、エッセイを任された私は作文の快感に酔いしれることとなりました。

以後、社内報の中にペンネーム「似非人」(エッセイストのつもり)で『天才は忘れた頃にやって来る』のタイトルで連載を持つようになり、蓄積された教養がなくても、このジャンルならいけると味を占めたのです。

そのため、私の初期の読書遍歴は、いろんな作者の随筆でした。大幅にインプットが不足していたからです。どちらかと言うと、プロの作家のものよりも他ジャンルから参入した有名人みたいなのが多かったのも特徴的です。

影響を受けた10人をランキング付けして発表いたします。

 

10位 林真理子

 初期のころ、彼女はエッセイを乱発していました。『ルンルン』シリーズです。

 当時は自身の外見やモテないことをネタにしていたように思うけど、変れば変わるものです。

9位 遠藤周作

 昔、『本物は誰だ?』という番組があって、レギュラー回答者としてウソばかり言ってたのが記憶に残っています。

 『ぐうたら』シリーズは、理想とする生き方の指針であり、作家はヒマそうでいいななんて思ってました。

8位 伊丹十三

 『小説より奇なり』は衝撃の一冊でした。少し斜に構えて、西欧気取りの気障な文体はダンディズムの象徴であります。

7位 糸井重里

 発想の豊かさは、コピーライターならではというところです。遊びが仕事につながっていく様は、文章の上手い大橋巨泉でありました。

6位 土屋賢ニ

 哲学の通訳者として、こんなに面白く表現できる人は他の追随を許しません。

 77歳ながら依然として現役で、週刊文春に連載しているエッセイの数々は、少し間を置いてからジワジワと効いてきます。

5位 嵐山光三郎

 いつも怒っているかのような仏頂面で、バッサバッサと斬っていくさまは、編集者ならではの冷静さに裏打ちされたもの。

 下ネタに逃げることないマッチョな文体は、昔の漢です。

4位 つかこうへい

 この人が62歳で亡くなってしまったのが残念でなりません。

 戯曲はもちろんですが、シニカルなエッセイの数々は、ハラスメントの限度を遥かに超えており、芸術に昇華させておりました。

3位 村松友視

 文学作品に関してはピンと来ませんでしたが、エッセイのジャンルではプロフェッショナルぶりを発揮しております。

 『私、プロレスの味方です』『必殺野球固め』は名作中の名作。常態と敬体を交えた文章技法に影響を受けました。

2位 東海林さだお

 漫画はハズレが多く、もともと絵が上手い方じゃなかったので手抜き感が目立ちましたが、この人の文章能力は天下一品。

 平易な言葉を巧みに操って、平凡な料理を美味しそうに見せることに長けておりました。家ではあまり、食べないんだろうな。

1位 椎名誠

 質量共に、日本一のエッセイストだと思います。プロっぽくない独特の表現方法は、似ている人が思いつきません。

 例えツッコミの先駆けともいえる言い回しの数々は、忖度からほど遠く、気持ちのいいものです。同性にモテる人は本物だと思います。

 

書棚を見ると、他にも

野田秀樹林望清水義範清水ミチコ三谷幸喜木村晋介深代惇郎、上前淳一郎、松永真里、小沢昭一永六輔、南辛坊、島田紳助筒井康隆村上春樹伊集院光沢野ひとし群ようこ泉麻人扇谷正造青木雨彦、川崎徹、西原理恵子出久根達郎篠原勝之山本夏彦山里亮太山口洋子、山口恵似子、山下洋輔三浦朱門佐野洋子佐藤雅彦鴻上尚史、高島秀武、高橋章子戸板康二原田宗典桂文珍景山民夫丸谷才一塩田丸男井上ひさし阿川佐和子ラサール石井ビートたけしさくらももこ若林正恭

なんてのがありました。全部で約400冊。読んだなぁ。

サリー

飲食店を選ぶ基準は、

  (1)家で作らないものが食べられる

  (2)メディアで評判になっている

  (3)使われている食材が珍しい

です。

(1)は基本中の基本で、揚げ物が代表的です。寿司やラーメン、蕎麦もそう。

焼肉や鍋物は、コスパが悪い。

「ここの焼肉はタレが美味い」なんて言う人がいるけど、タレが主役だなんて意味が分からないし、そんな理由で焼肉店にこだわる人とは仲良くなれません。食べ放題だと恥ずかしい。

鍋物もなぁ。飲みに行って、メインが鍋だと集中力が削がれます。このフグは、10切れだから、一人当たり3、3みたいな…。刺身盛り合わせだったら、大体掌握できるんだけど、鍋は潜ってますからねぇ。

独身を貫いていると、こういうシェアする環境が苦手でありまして、これに会話が加わって脳内の別の部分を使い始めるとヘトヘトになります。

何の話でしたっけ?

あぁ、外食の基準でした。逆に、どういう店に行くかというと、なんと言ってもコスパのいい店。

値段の安さもそうですが、品数が多いってとこも注目です。

どうってことのない、おふくろの味的な料理だとしても、栄養バランスを考えると、カレーや丼物なんか目ではない。

私の家から徒歩2分の『サリー』は、そんなお店です。

外観は喫茶店みたいだし、看板表示も地味めなので、なかなか気がつきませんでしたが、ここの日替わり魚ランチ(税込850円)がスゴいです。

昨日は、イワシの刺身・サバの味噌煮・アジフライ・さつまいものレモン煮・魚卵の甘辛煮・大根の甘酢漬け・きんぴら牛蒡にご飯・味噌汁・漬物でした。

鮮度の良いイワシの刺身は滅多に食べられないし、味噌汁が魚のアラで出汁をとっているのがまた、嬉しい。

ランチに週イチで通っています。ファーストフードへは行く気になりません。

ちなみに、そういうお店へ行くタイミングは定休日の翌日が良い。

理由は、考えてみてください。

カケラ

岸田総理の国会答弁を見ながら、竹下元総理の「言語明瞭意味不明」を思い出しました。

滑舌が良く、魅力的なテノールボイスで澱みなく原稿を読むので、さも内容のあるメッセージを届けているように感じさせるものの、何だかよく分からない。一つには、文章が長いんです。隙がないように、説明し尽くそうとするからで、元々信念がないもんだからボヤーっとする。そんな感じです。

減点主義の行き着く先は、こうなるんだろうなと思いました。

 

さて、本日のご紹介は、禁断の湊かなえから『カケラ』(集英社)です。

苗字が横網であるのに加えて、立派な体格、だけど運動神経が発達した動けるデブが、突然自殺してしまう話を巡って、それに絡む人間模様が独白調で展開していきます。ダイエットに加え、美容整形的な話が主題なので、圧倒的女性目線でありました。

難しいですよね、女性心理。

A子はBのように振る舞っているけど、本当はCだと思っていて、D子はそれを知っている、みたいな話が延々と続きます。

うーん、共感できませんでした。文章は極めて明解なんだけど、だからどうしたっていう…

前回の『未来』に次ぐ二連敗。理解できないのは、私のせいなんだけど、マッチョな人には絶対不向きです。70点。

鷺とり

桂枝雀の落語に『鷺とり』という演目があります。

鷺を捕まえに行った男が、自分の帯に眠らせた大量の鷺の首を挟み込んだところ、目を覚まされて五重塔のてっぺんへと連れて行かれました。塔の九輪にしがみつく男に気付いたお坊さんが「人を助けるのは出家の仕事」と大きな布団をクッションにしようと考えます。四隅を持って待ち構えているところへ男がダイビングして布団の真ん中に飛び降りる。その弾みで四隅を持っていた四人の坊さんが頭をガチガチガチガチ。一人助かって…四人死んだというサゲです。

とてもバカバカしいブラックなネタですが、師匠は巧みな話術と顔芸で、爆笑を誘っておりました。

 

東京都の新型コロナウィルス感染症対策サイトによれば、重症病床の使用率という項目があって、都基準でわずか1、4%(7人)。それが国の基準では18、9%(277人)に跳ね上がっています。

その理由は、厚生労働省が一昨年四月に出した通知にありました。

通知では、入院患者などのうち、次の3つの条件のいずれか1つでも当てはまる場合は「重症者」として報告するように求めています。
(1)集中治療室(ICU)などでの管理が必要
(2)人工呼吸器管理が必要
(3)人工心肺装置(ECMO)による管理が必要
問題となっているのが(1)です。

厚生労働省の担当者は「文章通りに解釈すれば『集中治療室で患者を診ている』。つまり『集中治療室に入っている患者』という意味だ」と説明しています。

一方、東京都は集中治療室などに入っている患者でも、人工呼吸器やECMOを装着していなければ「重症者」に数えていません。

都は、その理由について「集中治療室に入っている患者全員が必ずしも重症とは言えず、その時の病床の空き具合などを見て、重症でない患者を集中治療室で診たり、重症化するリスクが高い患者にあらかじめ集中治療室に入ってもらったりすることもあるため」などと説明しています。

医学的に重症者の定義がないため、齟齬が生じているのです。

だけど、「集中治療室での管理が必要」という表現は「集中治療室での管理が必要ない患者は重症者に数えなくていい」と読み取ることもできるのです。

実際には、集中治療を受ける必要がないのに集中治療室に入っている患者がいるとは想定していなかったため、食い違いが起きたと思われます。

この議論は、東京都に分があると思いますがどうでしょう?

つまり、本当の重症者がほとんどいない中(1、4%)で、国民がウソの情報に踊らされているということです。

ワクチンにしても、オミクロン株に効果がないと知りつつ、子供にまで早く射てと言う。

そんなの誰が考えてもおかしいと思うんだけど、厳しく対処するほど支持率が上がるという構図の中で、決断できないのが参院選を控えた政治判断のようです。

マスコミも世論が怖くて、なかなか言い出せない。傷つきたくない症候群が全開です。減点主義のなれの果て。

副反応の問題だって、あるんですよ。

一人助かって四人死んだなんてことにならないよう祈ります。

 

 

マーフィーの法則

高校野球では、春夏5回の全国大会出場機会があり、桑田・清原がいた時代のPL学園が、1983年夏優勝、84年春夏準優勝、85年春ベスト4、夏優勝と、ウソみたいな強さを発揮しました。

ドカベン』こと山田太郎が率いる明訓高校は、激戦区の神奈川県予選を勝ち抜いて、全国優勝四度を達成しています。それが1974年ごろの話。

PLの選手たちは、自分たちを重ね合わせていたことでしょう。

山田太郎の高校通算打率は7割5分。イチローの高校時代は5割2厘でした。

ドカベンの弱点は、致命的に足が遅いこと。鉄人28号のリモコンみたいに何かキズがないと、ヒーローアニメはドラマになりません。

そこで、運動選手離れした外見の香川伸行ドカベン2世として名乗りを上げます。

思えば、葉っぱの岩鬼正美も二刀流の走りでした。

『男どアホウ甲子園』の藤村甲子園は、165キロの豪速球を投げていましたが、近々ロッテの佐々木朗希が更新する勢いです。

野球狂の詩』では、女性初のプロ野球選手、水原勇気を誕生させました。実写版では木之内みどり竹中直人の妻)です。可愛かった。

これに憧れて、多くの女性投手がアマチュア野球に進出しています。ナックル姫は、セミプロですよね。近い将来、そういう姿を目にすることでしょう。

そして、『あぶさん』こと景浦安武。還暦までプレーを続けました。ジャンルは違うけど、三浦和良に力を与えたんじゃないかな。

また、代打専門ということでは、実際に高井保弘という本塁打記録保持者を生み、現実が重なっていきます。

「思考は現実化する」はナポレオン・ヒルの言葉ですが、作者の水島新司氏はいろんな可能性を追求し、夢を描き続けました。

それまでの常識であった「野球漫画はジャイアンツ」のイメージを一新した功績も大きかったと思います。

享年82歳。合掌。

小説家になって億を稼ごう

私の趣味は作文なので、その発表の場としてブログを開設しているのですが、将来的に自分で小説が書ければいいなという夢も、ほんのちょっとだけ持っています。

ただ、家族を持たない人間は、視野が狭く経験も乏しくなるため、表現範囲が限られてしまう傾向にあり、限界を感じたりもするのです。

作家によっては、例えば湊かなえさんや柚月裕子さんは、カルチャースクールみたいなところで勉強したそうですが、今さらそんな気にもなれず、ひたすら読み漁るばかりで、試合ばかりして練習をしない、そんなスポーツ選手の出来損ないをやってる毎日です。

 

そんな折、『小説家になって億を稼ごう』(松岡圭祐著・新潮新書)という詐欺師みたいな本を見つけました。

松岡氏(53歳)は、最近『高校事変』というシリーズものをヒットさせ、注目されている作家です。

あまり好みでない文体ですが、学園を背景にスーパーヒーローが活躍するみたいな設定を確立させ、それなりに成功を収めているようです。

Z世代をも惹きつけるような若々しさが溢れている。その分、ひと回り違う爺さん達は置いておかれる、そんな感じですかね。

本の中では、小説家として食べていくのではなく、儲けて富を得る方法だと言い切っているのが、ちょっと感じ悪い。

で、その内容とは…

 

  ・40人中39人は顧客対象ではない。対象とすべきは、300万人程度でそれが限度と知れ(万人受けを考えるな)。

  ・まずは登場人物を創作。キャラクターは現存する俳優から選べ。それぞれのプロフィールも事前に設定しておくこと。

  ・数的には、メインが7名、サブが5名ぐらいが良い。

  ・次に、登場人物が動き回る舞台を決める。その風景写真を集めておくのが望ましい。

  ・その上で、視覚的に思い浮かべた実体験風の空想物語を脳内で進行させていく。

  ・結末を早めに決めて、そこから逆算して辻褄を合わせていく逆打ちプロットが有効だ。

  ・その上で推敲を繰り返す。

 

ざっと、こんな感じ。なるほど、システムなので、このやり方で量産が可能なような気もします。

この中で、キャラクターを俳優に当てはめて考えるというのは、実際に東野圭吾氏や誉田哲也氏のやり口で、そこは大いに参考になりました。

億もいらないけど、やってみようかな?