都会のネズミと田舎のネズミ

読書ネタ、スポーツネタ、お笑いネタ、時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。ハズレよりもアタリを読んでください。

同好の士

年金生活者はみんな、どうしているのでしょうか? 女性の場合、お友達がたくさんいますからね。娘なんかとも良好な関係であることが多く、コーラスだ、フラダンスだとカルチャーセンターっぽい活動にも積極的に参加するので、結構忙しいんだけど、男性の場合…

プロスペクト(DeNA編)

2011年のシーズンオフ、横浜ベイスターズが球団譲渡して、親会社がDeNAとなったときは、聞いたことがない社名だし、お調子者の中畑清新監督だし、長続きしないんだろうなと思っていたところ、あれよあれよという間に経営体質が改善されて、黒字転換が果たさ…

魍魎の匣(もうりょうのはこ)

保険営業をしていたときの話ですが、担当していた代理店のKはどっかから「イメージトレーニング」というネタを仕入れてきて、それを顧客に講演して回るという独特の手法でセールス展開していました。割り箸を名刺で切ってみせるのが売り物で、聴衆は新興宗…

ニンニクの日

今から40年以上前の話ですが、横浜で営業をしていた私は、仕事を終えた後、野毛の餃子店『三陽』で飲むことを常としていました。 それは、店頭に掲げられた「毛沢東もビックリ‼︎」というアイキャッチに目を引かれたからで、狭い店内に押し込まれて小さくなっ…

プロスペクト(巨人編)

三年前の話ですが、当時育成選手だったジャイアンツの保科広一選手が二軍の試合を終えて帰る途中、キャッチボールをしていた一般人の親子に対し「野球なんかしてもつまんねえぞ」と捨てゼリフを吐いて問題となり、球団が平身低頭して謝った事件がありました…

毀誉褒貶

北青鵬の事件で不思議だなと感じたのは、思いのほか師匠である白鵬への風当たりがキツかったということです。 なんだか、協会幹部にメチャクチャ嫌われている。 その背景を調べてみると、白鵬が現役時代から始末署ものの数々の粗相をしており、守旧派が大多…

プロスペクト(日本ハム編)

今日は「脱出の日」だそうです。1815年のこの日、イタリアのエルバ島に流刑されていたナポレオン・ボナパルトが、島からの脱出に成功した出来事にちなんでいるとのこと。 「余の辞書に不可能の文字はない」って言葉がしっかり残されている彼ですが、上司にし…

プロスペクト(楽天編)

プロ野球選手会が昨季の契約更改についての満足度調査を公開しました。 1 位 阪神 60.00%2 位 ソフトバンク 56.79%3 位 ロッテ 56.60%4 位 ヤクルト 48.15%5 位 広島 44.07%6 位 西武 43.10%7 位 巨人 42.67%8 位 中日 42.31%9 位 オリックス 41.51…

パワハラ

我が国でパワーハラスメントという言葉が使われ始めたのは、2001年のことだそうです。 職場におけるイジメや嫌がらせは、それまでにも横行していたけれど、言葉として認知されたのは、比較的最近だというのが分かります。 昔は、特に営業職で、上司から過大…

プロスペクト(西武編)

ライオンズは、カープと並び、悲しいほどに主力選手が流出していくチームです。 しかしながら、それは若手選手にとって願ってもないチャンスであり、実際に多くの高卒選手が育っているのも伝統と言ってよさそうです。 即戦力は大学・社会人、大きく育てるな…

軽妙洒脱

先日、『呼び出し先生タナカ』を観ていたら、漢字テストで「おしゃれ」という問題が出されていました。 私は、当然のごとく「お酒落」だと思っていたところ、なんと「酒」ではなく「洒」が正解だと。 なぬ、そんな字があるのかと調べてみると、あるんですね…

有名人の子弟

私が通っていた私立の中学高校は、有名芸能人や政治家の二世だらけでした。 たくさんいるから目立たないとも言えるけど、やはり親の存在が偉大過ぎて、○○の息子、○○の娘と呼ばれるのが当たり前。それは、公園でケンちゃんママって言われるのと同じで、言われ…

可燃物

ゴミが苦手です。 フツーのやつはいいんだけど複合型のやつ、例えば歯ブラシだとかボールペンだとか、プラスチックと一緒になってる何かの扱いが分かんない。 アルミホイルって、燃えるゴミなんですかね? 私のように引越しマニアで、あちこちの自治体を経験…

舟を編む

最近はスマホ頼りで国語辞典を使うことがほとんどなくなりましたが、以前は辞書マニアで自宅にも会社にもたくさん買い込んでおりました。 中学のころは、検索したワードを鉛筆で丸く囲み、それが増えていく様子を楽しんでいたのです。かなりの言葉好き。 そ…

勝手にテレ東批評

いろんなバラエティ番組がありますが、私が今、最も面白いと思うのが『勝手にテレ東批評』(毎週土曜・午前11時〜)です。 これは、伊集院光と佐久間宣行がテレビ東京で放映されている番組を好き勝手に語り合うというもので、その自由さがまるでラジオ。 大…

「折れたタバコの吸い殻で、あなたの嘘がわかるのよ〜♬」 1974年、中条きよしのヒット曲ですが、当時はこの歌詞の意味がわかりませんでした。風が吹けば桶屋が儲かるみたいな話。 作詞したのは、銀座のママで名を成した恋愛の猛者・山口洋子でした。 なるほ…

ガイアの夜明け

バブルの末期、フジテレビの若者向け深夜番組に『カノッサの屈辱』というのがありました。 11世紀の終わり頃、聖職者の任命権をめぐって皇帝とローマ教皇が対立し、結果、皇帝が屈服した西洋史の故事をそのままタイトルとしたもので、番組の内容とは全く関係…

プロスペクト(ソフトバンク編)

いわく付きの山川穂高選手をFAで獲得した人的補償でゴタゴタした挙句、甲斐野央投手を差し出した経緯は、マイナスのダメージが大きく、チームに禍根を残しました。 どうなんでしょうね? こういう場合、山川選手は針のむしろです。活躍して当然と、ファン…

バレンタイン献血

少し前に、保険会社に新しくできた社会公共活動部門に配属され、阪神淡路大震災のボランティアに対して焼肉を振る舞うボランティアを行った話を書きましたが、震災についてはもう一つ思い出があります。 1995年1月下旬、担当役員に呼び出された私は、『義理…

帯状疱疹

三日ぐらい前から、右目の上の方に湿疹ができました。 なんかヘンな虫に刺されたのかなと放っておいたら、徐々に悪化。いい感じ(?)に腫れ上がって、段々とお岩さんみたいになったのです。 これはタダならないとネット検索した結果、最近テレビCMで呼びか…

街裏ぴんく

全国規模のお笑い賞レースの中で、圧倒的に面白くないと批判を集めているのがR1グランプリです。 これ、「R1」「面白くない」でネット検索すると、ビックリするくらい書き込みがあって、既成事実として定着した感があります。 過去の優勝者を見てもパッ…

軍曹

将棋界の頂点に立つ藤井聡太八冠は、ことごとく挑戦者たちを退け、タイトル戦20連覇を達成しています。 その内容も、相手を圧倒しているケースがほとんどで、読み比べとなると、明らかな手合いの差があるように思います。そうでなければ、これほど一方的にな…

石礫(せきれき)

科学技術の進歩や生活行動様式の変化に伴って、犯罪捜査にも変化が求められています。 例えば、交通機関の発達に伴う犯罪の広域化、都市化が進んで人と人との繋がりが薄れ、聞き込み捜査等が困難であることなど。 そんな環境変化の中、犯罪検挙率は1965年か…

プロスペクト(オリックス編)

プロ野球の新人王の有資格者は、海外のプロ野球リーグに参加した経験がなくて、支配下選手に初めて登録されてから5年以内というのが大前提となります。その上で、投手だったら前年までの一軍での登板イニング数が30イニング以内、打者だったら前年までの一…

プロスペクト(阪神編)

プロスペクト(prospect)を日本語に直訳すると「(望ましいことが起きる)見込み、(将来の)見通し、展望、期待」という意味になります。 大リーグでは、若手の有望株のことを指し、新人王の資格を持つ選手たちを専門家が評価して、MLBの公式サイトで100位…

黒い糸

赤い糸とは、目には見えないけれど、やがて添い遂げる運命の男女が初めから結ばれているということを表す言葉です。 古事記によると、赤い糸は赤土がついた糸だったそうです。 赤土には「邪を防ぎ相手を特定する力」があると言われていて、それが「運命の赤…

一期一会

1987年 京都・五条の町中に茶会への参加を募る立札が、あちこちにに立てられたといいます。 「茶の湯執心の者は武士・町人・農民を問わず 服装・履物一切不問 茶道具一つ持参すればよし 無ければ替わるものを 座敷は二畳敷き 畳の無い者は筵でも構わず」 こ…

プロスペクト(広島編)

西川龍馬のFA移籍とレギュラー野手の高齢化で戦力低下を指摘されている広島カープですが、ポジションが空いたことでチャンスが生まれ、若手の目の色が変わっています。 また、人的補償でオリックスからやって来た日高暖己投手が同期への刺激になっているの…

アップデート

昨夜、何気に『世界一受けたい授業』を見ていたら、コンプライアンスが徹底されて、教育上好ましくない童話がアップデートされて、内容を変えられていると言ってました。 例えば、『さるかに合戦』のタイトルは争い事を連想させるので良くないと『さるかにば…

むかしむかしあるところに、やっぱり死体がありました。

幼少の頃、駄菓子の買い食いの全面禁止を言い渡された私には、それを補うかのように絵本買い放題の権利を与えられていました。 その中でもイソップのシリーズには魅了され、そのどれもが強く心に残っています。 『北風と太陽』『うさぎとカメ』『アリとキリ…