都会のネズミと田舎のネズミ

読書ネタ、スポーツネタ、お笑いネタ、時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。ハズレよりもアタリを読んでください。

モテモテ電話術

昔、勤務していた保険会社では、電話のマナー向上を目指し、外部委託会社によるモニタリング調査で社内各部署の評価を採点し、ランク付けすることで、社員の意識啓発を図っておりました。 この評価は人事考課にも影響するため、150近くあった各セクションの…

うなぎ文(2020/8/9分再掲載)

海外旅行の機内食で「ビーフ オア フィッシュ?」と聞かれ、「I am fish」と答え、恥をかいたという笑い話があります。 主語と述語の関係が明確な英語の構文では、あり得ない表現なので、外国人はいっちゃってる人みたいに全く違う感覚で笑うことでしょう。 …

逃げ恥

教え子であるミャンマーの実習生は、勤務先の寮では個室が与えられているんだそうです。 外国人労働者の場合、こういうケースは珍しく、多くは多人数の相部屋で、はっきり覚えてはいませんが、その規程では一人当たり3畳以上みたいな感じでした。とにかく、…

アンダースタンド(2018/1/30分再掲載)

昔、家庭教師のアルバイトをしていたときに、気づいたことがあります。それは、「わかりました」の話です。成績がいい子と悪い子は、「わかりました」の意味が違うということです。賢い子どもは、ことばどおりの意味で使っています。だから、わからないとき…

専守防衛

最近、恋愛ドラマを観ていて思うのは、キスの攻撃権が女性に委ねられていて、男性から果敢に仕掛けるケースがほとんど見られないということです。これは、セクハラをうるさく言うようになったからなんでしょうか、迂闊に行動を起こしてありもしない敵から詰…

ヴィレッジヴァンガード

YouTubeでダウ90000の最新コント『パンダを見るには早い方』を観ていたら、耳慣れない言葉が出てきました。 →https://www.youtube.com/watch?v=6ypwDwzlPes 確か「ビレバン」と言ってたような。そのことについて、格段説明することもなく普通に会話が流れて…

整備不良

田舎で思うのは、夜道を片目で走っているクルマが多いってことです。都会ではあまりありません。 総体的に、都会のクルマはキレイです。あまり乗ってないけど、洗車が行き届いている。 対して、田舎のクルマは普段使いされていて、年季が入っています。走行…

稽古始めの日

本日は、「稽古始めの日」なんだそうです。 その昔、小学校一年生のミナちゃんに私の姉がピアノを教えていた関係で、家庭教師をやらないかと誘いがかかりました。 姉の話によると、ミナちゃんは非常にユニークな娘で、ドレミのドの音の下はなぁ〜にと訊いた…

連続殺人鬼カエル男

筒井康隆が断筆宣言を行ったのは、てんかん持ちの人に対して作品の中での差別表現が過ぎるとの批判を受けてのものでした。 このとき、彼が怒っていたのは、ことなかれで言い換えや削除を行おうとする出版業界の現状や安易な批判をする、あるいは真摯な擁護を…

チビ論(2020/5/26分再掲載)

日曜夕方のヒットアメニといえば、『サザエさん』の前座を務める『ちびまる子ちゃん』です。 この国に勢いがあった昭和40年代を舞台に、平均的中流家庭で伸び伸び育った作者が、少女時代を思い出しながら描いたエッセイ風の漫画。 子供になったり、大人にな…

ブス論(2020/5/28分再掲載)

かなり前の話ですが、『月曜から夜ふかし』という番組で、タレントの大久保佳代子さんが、全国にある店名にブスがついたスナックを調査して、本当のところはどうなんだろうという企画をやってました。 実際は、ほとんどの店が看板に偽りで、平均以上のルック…

バカ論(2020/5/27分再掲載)

「バーカ、カーバ、チンドン屋。お前のかあちゃん、でーべーそ」 誰が考えたんでしょうねぇ?どことなく七五調で、リズムの良さにセンスが感じられるものの、職業差別であるとか、父親でなく母親を侮辱する悪意性であるとか、イジメを広めようとする作者の意…

勉強とは?

ミャンマーの実習生を教え始めて、一ヶ月が経過しました。 以前、教えていたベトナムの子たちは、ビルクリーニングの仕事だったので、勤務中はほとんど喋らない、むしろ喋ってはいけないため、なかなか会話力が上がらなかったのですが、ミャンマーの子は介護…

盤上のアルファ

藤井聡太が注目を集める将棋界に同年齢のライバルが出現しています。 その名は伊藤匠。 二人は小学生のときにも対戦していて、その一戦では伊藤が勝利し、負けた藤井が大泣きしたというから驚きです。 以来、彼は藤井聡太を泣かせた男として注目されていたも…

パーセント

鳥取市の日本海テレビの経営戦略局長が、日本テレビが毎年おこなっている「24時間テレビ」への寄付金約1,120万円を、こともあろうに着服していたことが明るみに出ました。 経営戦略局長ってことは、社内でもいい線いっていた有力幹部だったと思うけど、それ…

首のすげ替え

私がパ・リーグで2位と予想した西武ライオンズが負けまくって、ついに監督が交代してしまいました。 本来であれば、監督代行としてヘッドコーチの平石洋介がなるべきところ、人事はGMの渡辺久信ですと。 このパターンは、石井一久が横滑りした楽天と同じ…

悪意の返報性

二場所連続の平幕優勝で幕を閉じた大相撲ですが、大関横綱がコロコロ負けるし、怪我人だらけで末期症状を迎えています。 要するに、力士が巨大化し過ぎて、病人だらけになってしまったことが原因です。 いくらデカいと言っても150キロを超えてしまったら、心…

人に好かれる方法③

その昔、管理職をやっていたときに、部下の女性から聴いた話なんだけど、『愛少女ポリアンヌ物語』というアニメがあって、その中で主人公がその日に起きた良かったことを友人に報告して一日を終える習慣を持っているという話をしていました。そうすることで…

ヘッドスライディング

以前から論議されているのが、打者の一塁ベースへのヘッドスライディングの是非についてです。 駆け抜けた方が速いとする説も多いのですが、科学的な研究によれば、正しいタイミング(ベース手前約4メートル)の条件付きで、頭から飛び込んだ方が速いんだそ…

人に好かれる方法②

昨日のブログで、笑顔は簡単だと言いましたが、マスクが必携の職場の場合、もうひと押し必要でした。 つまり、眼が笑ってないといけないってこと。結構な割合で、口だけで笑うのを見せようとしているけど、それでは伝わりません。 だから、眼で笑う。これも…

人に好かれる方法①

これは、日本人だとか外国人だとかは関係ない話ですが、新入社員が職場に入って肝に銘じるべきは、①笑顔②挨拶③感謝の心です。 それさえ忘れなければ、たいてい上手くいきます。 意外なことに、ミャンマー人には決まった挨拶が、日常生活にはありません。日本…

いけない村八分

久しぶりに山中湖の床屋さんに行って、情報交換をしました。 で、私がミャンマーの実習生に日本語を教えているきっかけで、外国人の話題になったのですが… 残念なことに、外国人情報にはマイナスのイメージが溢れておりまして、要するに塊として評価している…

ウーストハイゼン

ラグビー界は、外国人に門戸を開くことによって、世界中の有力選手が結集し、ビックリするようなスピードで戦術的進化を遂げています。 ワールドクラスの選手に伍してグラウンドに立つことで、動きはもちろん、考え方がガラッと変わるのです。 トップレベル…

好意の返報性

週に一度、ミャンマーから介護施設への実習生に日本語を教えています。 授業のコマは、一回30分と短いので、そんなにたくさんのことを詰め込むわけにはいきませんが、勉強のコツとでも言いますか、動機付けというところに重きを置いて進めています。 彼女た…

何でも100円

今月7日放送の『オモウマい店』で、あろうことか山中湖にある『よしざわ』というお店が取り上げられていました。 夏季限定ではありますが、長い間暮らしているのに、そんなお店聞いたことがなかったので、どんなものかと訪ねてみることに。 番組では、小鉢…

誰かがこの町で

田舎で暮らしたことがある(徳山に6年、下関市豊田町に7年)ので、その経験から言わせてもらうと、都会では考えられないような同調圧力があって、自分たちと考えが相容れないことを知るや、途端に敵対関係へと発展していく構図があります。 そこには、◯と✖…

外国人差別問題

「ポツンと一軒家強盗」というのがあるんだそうです。 テレ朝系の同番組は、視聴率もそこそこで、へ〜こんなところに人が住んでるんだと驚くことも多いのですが、番組の中でプライバシーを洗いざらい明かすもんだから、強盗団にとっては恰好の事前資料となる…

川島明の辞書で呑む

テレビ東京は、低予算でもしっかりオリジナリティのあるオモシロ企画を練ってきます。 昨夜から始まった『川島明の辞書で呑む』は、国語辞典をツマミにしながら酒を呑むというコンセプトで、フジテレビの『酒のツマミになる話』よりも一段上を行ったトークバ…

榴弾砲(2021/4/28分再掲載)

山中湖での生活を再開して一週間が経過しますが、心配なことが一つあります。 それは、自衛隊の北富士演習場での訓練が、朝の7時過ぎから夜の8時ごろまで、ズドンズドンと不規則リズムで続くことです。 近くの小学校で、運動会が行われる朝、花火音が鳴り…

聴く監督

「大人になったら、プロ野球の監督になりたい」というのが少年の頃の夢でした。選手じゃなくて監督がいいと考えるのは変わってますが、下手でしたからね。するの。 だけど、スポーツアナだった父親に関係者だということで(緩い時代の話)しょっちゅう広島市…