都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

ナラ枯れ

ミズナラ、コナラなどの樹木が「ナラ菌」に感染し、枯れてしまう「ナラ枯れ」という現象が、ここ山中湖村に拡がっているそうです。

カシノナガキクイムシという体長5ミリ程度の昆虫が犯人で、これにやられると葉が赤茶けて景観を損ない、やがて枯れてしまいます。

森林界におけるコロナみたいな感じ。

昨日、森林組合のグループが訪ねてきて、山荘周りの樹木に粘着シートを被覆していきました。

この現象は、日本海側に多く見られていたものの、山を越えることはなかなかなく、水際対策みたいなことが言われておりましたが、誰かが持ち込んだってことなんでしょうか? 困ったものです。