都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

沼津アルプス

沼津の自宅近くには、標高193メートルの香貫山(かぬきやま)がそびえたって(?)います。

たいしたことないように思えますが、これに立派な登山道があって、てっぺんまで登ろうとすると、50分近くかかります。心臓バクバク。

頂上の展望台は見えるのに、なかなか辿り着けません。駅伝の山の神だったら10分もかからないんだろうけど、94キロですからの50分。

実にいい運動コースとなっています。

で、山頂からの眺めは、富士山と駿河湾が臨める絶景です。そして、私の大切な読書スポットでもあります。

図々しいようにも思えますが、伊豆半島の付け根に連なる山々は、沼津アルプスと呼ばれていて、中高年の登山者に人気の場所なんですよ。

桜の開花が楽しみであります。