都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

顔はヤバいよ、ボディやんな

ニュースで国会討論の様子を何気なく見ていたら、圧倒的な目ヂカラのマスク美人が映っていました。

これは誰だと調べてみたら、三原じゅん子厚生副大臣らしい。なるほど。いつの間にかの56歳です。

もともとは、子役だったんですね。金八先生でブレイクしました。そこから、歌手にも手を出して、一回だけだけど紅白歌合戦への出場を果たしています。

その後、国際ライセンスを取得して、カーレーサーにもなりました。

結婚は、タイプが全く違う男性と三度。最初がレーシングドライバー、次がお笑い芸人、そして議員秘書三原じゅん子と3人の夫です。

44歳で子宮頸がんを罹患すると、今度は政界へ転身しました。スゴい、何でもアリです。

学歴は高校中退で頼りないんだけど、結構ちゃんと勉強しているようで、集中力が並外れていると見ました。ジャンルを問わず、向かっていけるってのは、そういうことです。大仁田厚とは、経験値がちょっと違う。

次の内閣改造での大臣就任は、間違いありません。こういう背景を持った人が、良い師匠(菅総理らしい)に巡り会って真面目に取り組めば、世の中はいい方向へ変わるように思います。

美人に弱い、そりゃそうです。