都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

女性活躍推進について

「ニイマル・ニイマル・サンマル」というキャッチフレーズを覚えていらっしゃるでしょうか?

これは、小泉内閣時代の2003年6月に掲げられた数値目標で、2020年までに指導的地位に女性が占める割合が少なくとも30%程度に引き上げようということです。17年もあれば、実現可能だと考えたのでしょうが、現実には12%に満たない程度。特に、ここ数年は伸び悩んでいます。

これを国会議員で見ても、世界平均24.3%に対して日本は10.2%で、193ヵ国中165位と低水準です。

だから、新内閣の女性大臣も20人中2人。男目線の政治が続きます。 

いやぁいるでしょ他にも、と調べましたが、野田聖子小渕優子稲田朋美、松島みどり、高市早苗三原じゅん子…うーん、あんまり。

やはり、元が10%と少ないので、人材不足ですね、しょうがない。

だから、民間企業に徹底を図るためには、自らが範を示さねばなりません。

有権者の半数以上は女性なので、戦術次第だと思いますけどねぇ?

候補者の段階から、考えるべきでありましょう。