都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

富士宮やきそば

第二弾は、カップ焼きそばから。

先日、TBSの『教えてもらう前と後』という番組で、カップ焼きそばNo.1決定戦というのをやっていて、マルちゃん正麺の濃厚こくソース焼きそばが選ばれていましたが、甘い甘い。

本当に美味しいのは、静岡県のサービスエリアで販売している藤商の富士宮やきそばです。

すかいらーくグループ創業者の息子のみが、一位にランクアップしておりましたが、他の審査員3名はノーマーク。おそらく、食べたことがないんだと思います。なぜって、レベルが違うから。

静岡県ご当地グルメで、B1グランプリ優勝の味をそのまま再現しているだけあって、他とは次元が違います。乾燥麺にも関わらず、生麺に近い食感で、具材はレトルト加工、桜エビの天かすも入って、仕上げはイワシの削り粉と青さのり。

問題なのは、一個486円(通販の場合)と値段が高いこと。製造元が従業員9名だと言いますから、大量生産が難しいようです。しかしながら、うまいものづくりにかける志は見事なもの。是非、一度取り寄せてみてください。

ちなみに、類似品でマルちゃんの富士宮やきそばがありますが、これは似て非なるもの。パッケージがよく似ているのでご注意ください。