都会のネズミと田舎のネズミ

時事ネタを拾いながら、笑いの方向へと導きます。3打数1安打を目指しています。

ブラック・ショーマンと名もなき町の殺人 

コロナ禍におけるテレビドラマの演出は、さぞかしやりにくかったでありましょう。

登場人物にマスクを被せると、誰だかよくわからないからです。

だから、実際には使いません。

なので、リアリティがなくなります。困った問題。

だけど、小説は大丈夫です。表現でどうにでもなる。なるほどねぇ。

 

『ブラック・ショーマンと名もなき町の殺人』(光文社)は、コロナ禍における最新の東野圭吾作品です。

 主人公が手品師で、高校の同窓会が舞台。

うーん、許容できるラインの上でありました。そんなわきゃ、ねーだろう?

スーパーマンにも程があるってことです。78点かな?